株式投資の応用

新規公開株に挑戦する

<ネット証券がIPO主幹事になった時の結果を検証する>

これまでにもお話しましたが、大手証券会社が軸となる時のIPO配分は、主にお得意さま(資産家、取引が活発なお客など)へ流れていってしまいます。(これを裁量配分といいます) これは、値上がり益が期待できるIPOを証券会社のお得意様に配分することにより、さらによい関係を築くためにおこなわれます。

…ということは、(資産家でない…)私たちがIPOに当選しやすくなるのは、完全抽選(人の思惑が入っていない公平な抽選)がメインのネット証券が主幹事になった場合、もしくは、主幹事とまで行かないにしても割り当てが多い場合になってきます。

そこで、このページでは、2015年、2012年…2007年、2006年にネット証券がIPO主幹事で上場したものをまとめて、その傾向と対策を考えてみました。今後のIPO投資の参考になればと思います。

<2015年 ネット証券主幹事IPOのまとめ>

上場日 銘柄名 公募価格 初値 利益 主幹事
12/24 ソーシャルワイヤー 当選! 16万円 25.11万円 9.11万円 SBI
12/15 ダブルスタンダード 21.9万円 50.1万円 28.2万円 SBI
12/3 インベスターズクラウド 当選! 18.7万円 36.15万円 17.45万円 SBI
11/19 あんしん保証 当選! 14.6万円 57.3万円 42.7万円 SBI
4/24 レントラックス 当選! 17.5万円 26.8万円 9.3万円 SBI
3/26 モバイルファクトリー 当選! 14.1万円 28.12万円 14.02万円 SBI
3/24 RS Technologies 当選! 27.5万円 21万円 -6.5万円 SBI
2/19 ALBERT 当選! 28万円 60.4万円 32.4万円 SBI

※ ここで言う“利益”とは、IPO当選時に初値で売った時の利益を指します。 (利益=初値-公募価格)



<2012年 ネット証券主幹事IPOのまとめ>

上場日 銘柄名 公募価格 初値 利益 主幹事
12/21 グランディーズ 3.6万円 3.68万円 0.08万円 エイチエス
11/21 エストラスト 当選! 13.5万円 25.13万円 11.63万円 SBI
11/2 メディアフラッグ 当選! 9万円 21.2万円 11.2万円 SBI
7/13 アクトコール 17万円 25万円 8万円 SBI
6/2 大泉製作所 3.5万円 4万円 0.5万円 SBI
3/27 ベクトル 当選! 10万円 11.6万円 1.6万円 SBI



<2007年 ネット証券主幹事IPOのまとめ>

上場日 銘柄名 公募価格 初値 利益 主幹事
10/19 ナチュラム 22万円 35万円 13万円 SBI
6/21 マネーパートナーズ 祝!!当選 16万円 37万円 21万円 楽天(副)
3/15 エーアイティー 12万円 26.1万円 14.1万円 マネックス証券
(オリックス)
3/6 ダイヤモンドダイニング 80万円 136万円 56万円 SBI
2/6 光ハイツ・ヴェラス 27万円 28.2万円 1.2万円 エイチエス

<2006年 ネット証券主幹事IPOのまとめ>

上場日 銘柄名 公募価格 初値 利益 主幹事
12/26 マルマエ 47万円 101万円 54万円 マネックス
証券
11/16 アイレップ 40万円 54.7万円 14.7万円 SBI
11/2 メンバーズ 29万円 17.5万円 -11.5万円 楽天
10/26 オプトロム 15万円 12.5万円 -2.5万円 楽天
10/2 スターマイカ 15万円 25万円 10万円 マネックス
証券
9/12 三栄建築設計 31万円 32.5万円 1.5万円 エイチエス
9/5 オービス 19.3万円 19.9万円 0.6万円 コスモ
8/30 ネットエイジグループ 60万円 120万円 60万円 SBI
8/22 メディカルケアサービス 27.5万円 30.1万円 2.6万円 エイチエス
6/29 バリオセキュアネットワークス 38万円 83万円 45万円 楽天
6/20 オウケイウェイブ 15.5万円 19万円 3.5万円 エイチエス
4/27 システムディ 14.5万円 29万円 14.5万円 コスモ
4/6 ゴルフドゥ 17万円 40.7万円 23.3万円 エイチエス
3/15 比較.com 大金星!! 45万円 270万円 225万円 マネックス
証券
2/10 エスプール 25万円 61万円 36万円 マネックス
証券

…見てのとおりで、公募価格に対する初値の値上がり率は相当高いです(笑)。中でも、SBI証券が主幹事として頑張っていることがよくわかります。まず口座開設して、押さえておきたい証券会社ですね。

しかし、ネット証券が主幹事を取る割合は、2012年では、IPO上場企業31社中の6社(約20%)と、全体から見るとやや少数ないですから、ネット証券が主幹事でない場合は、松井証券カブドットコム証券マネックス証券などのIPO取り扱い数が多い証券会社でフォローする必要があります。

コツコツ応募して当選を目指しましょう!

やさしいIPO株のはじめ方」という、IPOに特化したグループサイトを開設しました!(2013年11月) IPO初心者向けのサイトで、申し込みの仕方や当選のコツなどを詳しく紹介しています。やり方がわからない方、なかなか当選しない方へ、ちょっとしたヒントになればいいなと思います!