PC表示スマホ表示

 使い勝手のよい金融商品として、ETF(上場投資信託)について研究と証券会社の比較をします。

~基礎からわかる株式投資~

 【国内ETFの最近の利回り(日経225連動型 上場投資信託)】
 ・2007年 … -11.7%
 ・2006年 … 6.2%
 ・2005年 … 43.2%

 金融商品を知る
 ・金融商品の比較一覧表
 ・ネット銀行比較(普通・定期)
 ・MRF
 ・MMF
 ・国債(利付国債)
 ・個人向け国債
 ・個人向け社債(SBI債)
 ETF 
 ・海外ETF
 ・外貨預金
 ・外貨MMF
 ・外国為替証拠金取引(FX)
 ・外国債券
 ・金投資
 ・不動産投資(J-REIT)
 ・投資信託
金融商品を知る>ETF
 

ETF(国内ETF)

市場平均を狙っていく上場投資信託



 ETFとは、上場投資信託(xchange raded und)のことを表します。投資信託が証券取引所に上場しているので、株の売買と同じように証券会社を通して取引ができます。ETFは、日経平均株価やTOPIXの動きに合わせて、それと同じように動くように作られていますので、株のように投資先の会社を選ぶ必要がありません。「株式投資を始めたいと思っているんだけど、どの会社を選んだらいいのかよくわからない…」という方に取ってうってつけの商品です。

 

ETFの特徴
 ・日経平均株価やTOPIXの動きに近い運用が期待できます。
 ・株式市場の平均点を狙いに行く投資といえます。
 ・個別に会社を選んで投資をするような手間が省けます。
 ・10万円くらいから投資ができます。
 ・インデックスファンド(投資信託)より安い手数料で運用できます。

 

ETFとインデックスファンドの違い
 

ETF インデックスファンド
投資先 日経平均株価や
TOPIXに連動
日経平均株価や
TOPIXに連動
購入金額 10万円前後 1万円から
注文の出し方 普通の株の売買のように、
指値注文や成行注文が
できます
その日の市場の
終了後に決定
販売手数料 株の売買手数料と同じ扱い 0~2.1%くらい
信託報酬
(保有コスト)
年0.1~0.2% 年0.5~0.7%
                              (2011年2月10日現在)
 

ETFのイメージ
株を売買するのと同じように、証券会社を通して株式市場から買うことができます。

MRFとは?

 

ETFの種類
 ETFによる運用成績の差はあまりないので、100万円分ETFを買う方は信託報酬の安い『上場インデックスファンドTOPIX(1308)』を選ぶ方がお得です!
 

 ETF名(クリックで詳しく) 最低必要金額 信託報酬
TOPIX連動型
上場投資信託(1306)
10万円前後 0.11%
上場インデックスファンドTOPIX(1308) 100万円前後 0.088%
日経225連動型
上場投資信託(1321)
10万円前後 0.22%

 

ETFを買う時におすすめな証券会社
株を買うのと同じような感覚でETFも買うことができますので、どこの証券会社を使っても同じようにETFを買うことができます。…ということは、手数料が安い証券会社でETF買うのが一番かしこいですね♪
 → 初めての方&少額投資向け証券会社

 

違う種類のETF
海外ETF … 海外に投資できるETF。手数料も安くておすすめ!
金ETF … 実物資産であるに投資ができます。