外貨預金

外貨預金は為替手数料のコストに注意

外貨預金とは、『円を外国のお金(ドルやユーロなど)に両替して、銀行に預金をすること』を表します。外貨預金をする目的は、外国通貨の高金利を狙ったり、為替レートの変動で利益(為替差益)を狙ったりします。初心者の方が「外貨に投資をしたい!」と考えたときに、真っ先に思いつくのが外貨預金だと思います。

■外貨預金の特徴

  • 海外旅行のときに外貨預金を引き出して使用することができます。
  • 外貨預金は日本に比べて高金利である場合が多いです。
  • 購入時より円安になった場合、為替レートの動きで利益が得られます。
  • 10万円くらいから投資ができます。
  • 両替するときにかかるコスト、為替手数料が高い傾向にあります。
  • 預金保険の対象外のため、倒産した場合の資産の保障はありません。

■外貨預金ができる銀行を比較

普通預金 楽天銀行 住信SBI
ネット銀行
じぶん銀行
米ドル 0.01%
0.25円
0.02%
0.15円
0.20%
0.25円
ユーロ 0.01%
0.25円
0.001%
0.15円
0.001%
0.25円
豪ドル
(オーストラリア)
0.50%
0.45円
0.30%
0.30円
0.20%
0.50円
NZドル
(ニュージーランド)
0.75%
0.45円
0.40%
0.30円
0.30%
0.40円
英ポンド(イギリス) 0.01%
0.45円
0.001%
0.40円
-

上段:普通預金の金利
下段:片道の為替手数料 (2017年7月4日現在)

■外貨預金の購入イメージ

銀行にお金を預ける感覚と同じように、外貨預金をすることができます。

外貨預金購入イメージ

■外貨預金のデメリット

上の表で紹介しているような“ネット銀行”で外貨預金をする分には、さほど気にする必要はないと思いますが、もし、大手の銀行で外貨預金をしようすると為替手数料(両替)が大きなコストになってしまいます(加えて、金利が低かったりもします…)。為替手数料や金利、解約のしやすさなどのサービスをトータル的に考えると、次のページで紹介する外貨MMF(外貨建てMMF)の方がオススメだったりします♪