PC表示スマホ表示

信託報酬が魅力な海外ETFと手軽さが魅力の投資信託を徹底比較します

~基礎からわかる株式投資~

 【マネックスが安い!】
 海外ETFの購入は、手数料が一番安い マネックス証券がオススメです♪
 一番人気のある海外ETF バンガード・トータル・ワールド(VT)も購入できます

 株式投資の応用

 株式投資の応用>海外ETF>海外ETFと投資信託の比較(2)

海外ETFと投資信託の比較



 前のページでは、海外ETFと投資信託の主な項目を比較して、それぞれどちらが有利なのかを見ました。多くの項目で投資信託が有利でしたが、リターンに一番影響をあたえる信託報酬では海外ETFが有利でした。 実際のところ、本当にお得なのはどちらなのでしょうか?

 そこで、このページでは実際に毎月○万円投資したときに、それぞれ投資したお金がどのように増えていくのかを、毎月1万円と5万円の投資で比べました。

 

 

海外ETFと投資信託の比較

 まずは、シミュレーションの前に基本条件を決めます。

海外ETFと投資信託の積立ての条件
条件海外ETF投資信託(インデックスファンド)
期待リターン7%
積立て期間10年
商品VT
(世界株式)
  STAMグローバル株式 70%
  STAM新興国株式 20%
  ニッセイ日経225ファノド 10%
信託報酬
(実質の信託報酬)
0.30% (0.39%)0.7770% (0.81%)
0.8715% (1.50%)
0.2625% (0.28%)
購入手数料
(1ドル=90円計算)
25.2ドル
約2300円
なし
配当利回り:0.47%
信託報酬に
0.09%上乗せ
配当なし

  • リターンの7%の根拠は、投資信託の積立てのときに紹介しました、野村証券発表の『各投資商品の20年間の平均リターン』における先進国株式のリターン(7.62%)を参考にしています。
  • 投資期間の10年は、あまり長い期間で比較しても判断ができにくいので、ある程度の期間の目安として10年間で比較します。
  • 海外ETFのVTでは先進国と新興国をカバーしていますが、投資信託では1本でVTと同じ地域をカバーできるファンドがありません。なるべく同条件で比較するためにファンドを3つ組み合わせています。
  • 投資信託については、実質の信託報酬(信託報酬+その他費用)で計算しています。
  • 海外ETFの配当については、二重課税がされています。今回は確定申告によって、課税された税金は還付されたものとして計算しています。
    ただし、国内課税分については軽減税率の10%でなく、基本税率の20%で計算し、実質の費用として信託報酬に上乗せをしています。
  • 海外ETFについては、手数料が高いため毎月積立てるのはお得ではありません。そこで、半年に一度まとめて(毎月の積立て額×6ヶ月)購入をしています。

 

 まずはじめに毎月1万円を積立てたシミュレーションです。

 積立て額120万円にたいして、海外ETFは約161万円、投資信託は約165万円となり、投資信託が約38,000円有利です。
 ※月に1万円ですが、10年(120ヵ月)の積立てにもなるとしっかりと積上がっていますね。


 では次に、毎月5万円を積立てたシミュレーションです。

 積立て額600万円にたいして、海外ETFは約833万円、投資信託は約824万円となり、海外ETFが約90,000円有利です。 毎月1万円と違う結果になりました。


 なぜ毎月1万円の場合では、海外ETFが投資信託に追いつけないのか言いますと、それは投資金額にたいする手数料の大きさに原因があります。
 下の表を見てください。 これは実際に投資したお金(投資金額?手数料)が、どれくらいの期間で元の金額に戻るかを計算したものです。

積立て金額が投資金額に戻る期間
条件(投資金額?手数料)
積立額
元の金額に戻る
必要利回り
元の金額に戻る
必要月数
毎月1万円積立
(6ヶ月後に投資)
60000?2300円
57700円
3.83%8ヶ月
毎月5万円積立
(6ヶ月後に投資)
300000?2300円
297700円
0.77%2ヶ月

 毎月1万円ですと、元の金額に戻る(57700円が60000円)までに8ヶ月かかっています。実際は6ヶ月ごとに投資をするので、投資信託の積立てに比べて14ヶ月もスタートが遅れることになるのです。 投資信託との差はここでついています。 毎月1万円では、せっかくの海外ETFの信託報酬の安さが生かせないしくみになっています。
 一方の毎月5万円ですと、元の金額に戻る(297,000円が300,000円)までが2ヶ月(実際には8ヶ月)と短く投資信託からあまり遅れを取りません。 したがって、信託報酬の安さを生かすことができ、将来的に投資信託の運用成績を追いこします。

 

 

積立て額が多い方は海外ETF、積立て額が少ない方は投資信託

  投資信託が有利
  投資金額
  海外ETFが有利

 毎月1万円の積立てから毎月20万円の積立てまでをシミュレーションした結果、積立て額が大きいほど海外ETFが有利になります。

 積立て額が10万円だと、10年後には約25万円の差がつき、4年目から海外ETFが有利になります。毎月5万円のときより1年もはやく海外ETFが逆転しています。

 結論としましては、月に5万円以上の投資ができる方は"海外ETF"で、月に5万円未満の方は"投資信託"で積立てをするのがお得といえます。

 忘れてはいけませんが、自動積立てなど楽をしたい方は投資信託がおすすめです♪