PC表示スマホ表示

香港企業への投資がかんたんにできるETF「トラッカー・ファンド・オブ・香港」を徹底研究

~基礎からわかる株式投資~

 【おすすめポートフォリオ】  これらのETFはマネックス証券が一番安く買えます♪
 50% TOK (日本を除く
先進23カ国のETF
 30% EEM
新興25カ国のETF
 20% 個別投資 (
国内株式。成績次第で比率を増減)

 海外ETF一覧
 ・世界の株ETF(VT)
 ・世界の株ETF(2812.HK)
 ・世界の株ETF(IOO)
 ・先進国株ETF(EFA)
 ・先進国株ETF(TOK)
 ・新興国株ETF(EEM)
 ・アメリカ株ETF(SPY)
 ・アメリカ株ETF(IVV)
 ◆中国株ETF(2800.HK)
 ・中国株ETF(2801.HK)
 ・インド株ETF(2836.HK)
 ・インド株ETF(2810.HK)
 ・ロシア株ETF(2831.HK)
 ・ブラジル株ETF(EWZ)
 ・南アフリカ株ETF(EZA)
 ・商品ETF(2809.HK)
 ・金ETF(GLD)
金融商品を知る>海外ETF一覧>中国株ETF(2800.HK)
 

トラッカー・ファンド・オブ・香港

香港市場の株式を詰め込んだETF



 「トラッカー・ファンド・オブ・香港」は、アジアの世界的都市である香港の株式市場に上場している代表的な企業36社の株価に連動するように作られたETFです。

 

 香港は1997年までイギリスの植民地だったため、経済はヨーロッパの影響を大きく受けています。とくに金融分野の発展はめざましく、「アジアの中では群を抜いている」と言ってもよいです。

 

 そのため、株価は金融業の動向に大きな影響を受けます。今回起きたサブプライムショックによる金融不安は香港ハンセン指数をたった1年で2分の1まで押し下げました

 

 ですが、この特質を利用すれば大きな利益を狙うこともできます。今回の金融不安が落ち着けば香港の金融業は復活すると思います。そのときに、ポイントにこの「トラッカー・ファンド・オブ・香港」ETFを買ってあげると、より良い結果が得られるのではないでしょうか♪

 
 

■基礎データ

連動対象 香港ハンセン指数
上場日 1999年11月12日
上場市場 香港証券取引所
取引通貨 香港ドル
最低取引単位 500口
最低購入額 127,200円
信託報酬 0.05?0.1%
運用資産額 約4,450億円
株価推移 チャート(ブルームバーグ)
 

※売買は香港ドルで行われます。現在表示している価格は2008年9月時点、1香港ドル=13.39円で計算したものです。

 
 

■資産配分

 
 

■取扱会社と手数料
 
手数料は「売買手数料」と「現地手数料」「為替手数料(スプレッド)」3つの合計となります。


社名 売買手数料 現地
手数料
為替
手数料
(スプレッド)
10万円
まで
100万円
まで
100万円
以上
楽天
証券
525円 0.5250% 5250円 無料 0.15円
 
 
社名 売買手数料 現地
手数料
為替
手数料
(スプレッド)
最低 通常 上限
マネックス
証券
985円 0.2999% ? 0.1110% 0.15円
SBI
証券
660円 0.273% 6607円 無料 0.15円
 

※マネックス証券、SBI証券の手数料は香港ドルベースとなっています。現在表示している価格は2008年9月時点、1香港ドル=13.39円で計算したものです。

 

【おまけ】
このETFを買う場合は、SBI証券が一番安く買うことができるのでお得になっています。コツコツ継続的に買っていこうと考えている方はSBI証券で取り引きをするのが良いかと思います♪

 

海外ETF一覧表へ戻る          マネックス証券資料請求(無料)へ→