PC表示スマホ表示

 使い勝手のよい金融商品として、投資信託についてやさしく解説します。

~基礎からわかる株式投資~

やさしい投資信託のはじめ方(姉妹サイト)のご紹介】
 やさしい投資信託のはじめ方は、これから投資をはじめたいという方に、主に投資信託を使って投資する方法をできるだけやさしく解説しているサイトです。さらに、主要な投資信託を1,000社以上、個別で紹介しているので、気になる投資信託はこちらでご覧ください。 →やさしい投資信託のはじめ方

 金融商品を知る
 ・金融商品の比較一覧表
 ・ネット銀行比較(普通・定期)
 ・MRF
 ・MMF
 ・国債(利付国債)
 ・個人向け国債
 ・個人向け社債(SBI債)
 ・ETF
 ・海外ETF
 ・外貨預金
 ・外貨MMF
 ・外国為替証拠金取引(FX)
 ・外国債券
 ・金投資
 ・不動産投資(J-REIT)
 投資信託 
金融商品を知る>投資信託
 

投資信託

たくさんの株式や債券に少額から投資できます



 投資信託とは、たくさんの投資家から集めたお金を運用会社がまとめて運用するしくみの金融商品です。投資家は、投資信託を買うとき、売るとき以外にも、保有期間に応じて運用会社に報酬を支払わなければなりません(一部の投資信託では、売買手数料が無料になっています)。

 

投資信託の特徴
 ・数万円から買えます。
 ・たくさんの株式や債券を買うことで、全体のリターンを効率よく受けられます。

投資信託と個別株の違い

投資信託 個別株
投資対象 たくさん 1つ
購入金額 500円~ 数万円から
売買手数料 購入金額×~3%程
一部の投資信託は無料
購入金額に応じて一定額
(→売買手数料一覧表
運用コスト
(信託報酬)
年あたり購入金額×~3%程 なし
約定時間 ~15:00→当日終値で約定 9:00~11:30
12:30~15:00
販売会社  一部の証券会社 証券会社

 

投資信託を買う時におすすめの証券会社
 投資信託の売買手数料は株式と違い、ネット証券であれば基本的にどこも同じです。ただ、取り扱っている本数は大きく違っています。もっとも多くの投資信託を取り扱っているのはSBI証券で、その次が楽天証券です(約2,000本)。それからガクッと減って、マネックス証券カブドットコム証券が続いています(約700本)。

 投資信託を買うなら、SBI証券楽天証券の口座は持っておきたいところです。あと、カブドットコム証券は、500円から“毎日”積み立てができる唯一の証券会社ですので、こちらも積み立て用に持っておきましょう。」