株に関する知識を学ぶ

<証券コードと業種の関係>

「証券コード(銘柄コード)」というのは、すべての銘柄についています。銘柄の横についているアレです(これのことです→ 2811カゴメ食品〕)。実は、いいかげんについているわけではありません。業種との関係で番号がついてます。以下は目安ですから、特に覚えておく必要はありません。

  • 1300~ 農林水産 | 1500~1699 鉱業 | 1700~1999 建設
  • 2000~2999 食品
  • 3000~3599 繊維製品 | 3700~3999 パルプ・紙
  • 4000~4999 化学・医薬品
  • 5000~ 石油・石炭 | 5100~ ゴム | 5200~5399 窯業 |
    5400~5699 鉄鋼 | 5700~5800 非鉄金属 | 5900~ 金属製品 
  • 6000~6499 機械 | 6500~6999 電気 
  • 7000~7499 輸送用機械 | 7700~7799 精密機械 | 7800~7999 その他製品
  • 8000~8299 商業 | 8300~8599 銀行・ノンバンク | 8600~ 証券・証券先物 |8700~ 保険 | 8800~ 不動産
  • 9000~ 陸運 | 9100~ 海運 | 9200~ 空運 | 9300~ 倉庫・運輸 |
    9400~情報通信 | 9500~ 電気ガス | 9600~9999 サービス

…このように業種別に振り分けられています。会社四季報などは、あいうえお順ではなく証券コード順に並んでいます。