PBR(株価純資産倍率)のやさしい説明です。
やさしい株のはじめ方  【投資の穴】…PBRも万能ではない?
 ここで紹介するPBRが割安になっている株は、人気のない株(成長力がない?)の場合が多いので、指数が割安だからと思って飛びつくと、いつまでたっても株価が上がってこない銘柄もあります。また、PBRで使われる資産価値は簿価(帳簿上の価格)であり時価ではないので、PBRそのままの数字を鵜呑みにしてはいけません。
〜基礎からわかる株式投資〜
サイトマップ 証券会社の選び方 株式投資の基本 株式投資の応用 たまご投資日記 株式用語集
株式投資の応用    
株式投資の応用>情報を使えるものにする>PBRを知る

情報を使えるものにする



<PBRを知る>

 PBR(株価純資産倍率)というのは、“会社の純資産と株価の関係”を表していて、PERと同様に株価の割安性を測ることができます。 これを使うと、企業の持っている株主資本(純資産)から見た株価の割安度がわかります。

 

 特徴としては、PBRが低ければ低いほど『株価が割安である』といえます。仮に会社が仕事をやめて解散するとしたら、総資産から支払い義務のある費用を全て支払い、従業員に所定の給与や退職金を払って、それでも資金が残った場合はそれらは全て株主の物となります。PBRの具体的な計算式は次のようになります(具体的な数字を入れた例)。

 
  • PBR(株価純資産倍率)=株価÷1株あたり株主資本BPS
  • 1株あたりの株主資本(BPS)=株主資本÷発行済み株式数
 

 上の式を見ていただくと、株価を分子に、一株あたりの株主資本を分母に取っています。株価が分子ですから、株価が下がればPBRも下がります。 また、分母である1株あたりの株主資本(BPS)が上がればPBRは下がります

 

 このように株価が下がったり、一株あたりの株主資本が上がることにより、PBRが下がり割安になります。

 

 このPBRという指標は 『PBR=1倍』というのが評価基準になります。理論上は、PBRは1倍を下回らないと考えられるので、「PBRが1以下」の会社は割安性が極めて高いといえます。

 

 もし仮に、PBRが1以下の株式会社が解散した場合には、(持ち株数に応じて株主資本を受け取る権利がありますから)株主が儲かる計算になります。ですから、業績が良いのにPBRがあまりにも低い場合は、解散価値(PBRはどうなのか?)が意識されて、株価の下支えの要因になることもあります。

 

 株価というのは、必ずしもあるべき価格で存在するわけではありません。そのために割安株、割高株が生まれてきます。割安株投資は、こういった割安の状態の株を発見して投資するため、市場のスキをついた投資であるともいえます。



      ☆PBRも株価の割安感を測る一つの目安になります。 


PCFRを知るへ戻る                  ROEを知るへ進む→

                                           
 ・株に関する知識を学ぶ
 ・株価変動要因を考える
 ・情報収集をする
 ・情報を使えるものにする
 ◆情報の分析をする
 ◆
PERを知る
 ◆PCFRを知る
 ◆PBRを知る
 ◆ROEを知る
 ◆ROICを知る
 ・財務諸表の読み方
 ・運用方針を考える
 ・新規公開株に挑戦する
 ・個人に人気の株を知る
 ・様々な投資方法を知る
 ・株以外に投資する
たまご投資日記
株式用語集
その他
はじめての株1年生

わかりにくい指標の代表
PBRPERについても、
やさしく解説している本、
はじめての株1年生
〜新・儲かるしくみ損する理由がわかる本〜
」を出版いたしました。
もし本屋さんで見つけたら、
ご覧になってみてください♪

(大好評で
第10刷
1万部発行となりました!)


初めての方へ | サイトマップ | 証券会社 | 基本編 | 応用編 | 用語集 | やさしい株のはじめ方
Copyright - © Hiccky 2005. All Rights Reserved