情報を使えるものにする

<PBRを知る>

PBR(株価純資産倍率)というのは、“会社の純資産と株価の関係”を表していて、PERと同様に株価の割安性を測ることができます。 これを使うと、企業の持っている株主資本(純資産)から見た株価の割安度がわかります。

特徴としては、PBRが低ければ低いほど『株価が割安である』といえます。仮に会社が仕事をやめて解散するとしたら、総資産から支払い義務のある費用を全て支払い、従業員に所定の給与や退職金を払って、それでも資金が残った場合はそれらは全て株主の物となります。PBRの具体的な計算式は次のようになります(具体的な数字を入れた例)。

  • PBR(株価純資産倍率)=株価÷1株あたり株主資本BPS
  • 1株あたりの株主資本(BPS)=株主資本÷発行済み株式数

上の式を見ていただくと、株価を分子に、一株あたりの株主資本を分母に取っています。株価が分子ですから、株価が下がればPBRも下がります。また、分母である1株あたりの株主資本(BPS)が上がれば↑PBRは下がります

このように株価が下がったり、一株あたりの株主資本が上がることにより、PBRが下がり割安になります。

このPBRという指標は『PBR=1倍』というのが評価基準になります。理論上は、PBRは1倍を下回らないと考えられるので、「PBRが1以下」の会社は割安性が極めて高いといえます。

もし仮に、PBRが1以下の株式会社が解散した場合には、(持ち株数に応じて株主資本を受け取る権利がありますから)株主が儲かる計算になります。ですから、業績が良いのにPBRがあまりにも低い場合は、解散価値(PBRはどうなのか?)が意識されて、株価の下支えの要因になることもあります。

株価というのは、必ずしもあるべき価格で存在するわけではありません。そのために割安株、割高株が生まれてきます。割安株投資は、こういった割安の状態の株を発見して投資するため、市場のスキをついた投資であるともいえます。

☆PBRも株価の割安感を測る一つの目安になります。

書籍イメージ はじめての株1年生

わかりにくい指標の代表、PBRPERについても、やさしく解説している本、「 はじめての株1年生 -新・儲かるしくみ損する理由がわかる本-」を出版いたしました。もし本屋さんで見つけたら、ご覧になってみてください♪(大好評で第47刷47,000部発行となりました!)