情報を使えるものにする

<PCFRを知る>

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)は、あまり聞きなれない指標かもしれません。株価が1株当たりのキャッシュフローの何倍に当たるかを見る指標で、PERPBRと同様に株価の割安感を測るものです。

このPCFRという指標は、PERの欠点を補う指標といえます。例えば、企業の業績がよく、設備投資を積極的におこなった企業は減価償却費が増えます。その結果、設備投資の増加は直近の利益を押し下げることになります。

PERは前ページで紹介したとおり、『時価総額と純利益(1株あたりの利益)の関係』を示す指標ですので、設備投資の増加によって利益が減ると、本業で利益が出ている企業でもPERが上がってしまいます。このねじれを修正する指標がPCFRです。

業種によって設備投資の額も大きく違ってきますから、PCFRは同業他社との比較に用いられます。PCFRが低いほど『株価が割安である』といえます。具体的な計算式は次のようになります。

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)=株価÷1株あたりのキャッシュフロー
1株あたりのキャッシュフロー=営業キャッシュフロー÷発行済み株式数

PCFRの見方ですが、上の式を見ていただくと株価を分子に、一株あたりのキャッシュフローを分母に取っています。株価が分子ですから、株価が下がればPCFRも下がります。 また、分母である1株あたりのキャッシュフローが上がればPCFRは下がります

このように株価が下がったり、一株あたりのキャッシュフローが上がることにより、PCFRが下がり、割安になります。

☆PCFRはPERを補完する指標になります。