情報を使えるものにする

<企業分析する時の情報・指標の使い方>

ここでは実際の投資において、自ら集めた情報を使えるようにするために、情報分析の仕方、指標の見方などを紹介していきます。これを理解することで、その時の株の状態を把握できるようになります。

例えば、PERPBRを用いると「今の株価が割安であるか、割高であるかを判断する」目安になります。これを知ることにより、株の売り時買い時の目標を立てることができます。また、財務諸表は「会社の通信簿、もしくは健康状態を表す」ので、読み取る力を身につけると、「会社が今後も元気に頑張っていけるか? すでに病気になってしまっているか?」の判断をより正確にできるようになります。

ところが、こういったアルファベットや難しそうな言葉が出てくると、「いやだな~、めんどくさいな~」と思う方が多くいらっしゃると思います(笑)。
 …確かに面倒です! ですが、そこがチャンスでもあります!もし他のみなさんがやっていないとすれば、自分だけが知ってるわけですから、これは大きな武器(有利)になると思いますよ。情報分析は、株をやっていく上でかなり大事な部分ですから、力を入れてしっかり理解したいところです。

…しかしながら、情報の分析には理解するのには少々時間がかかります。分析についてじっくり勉強するのは、このサイトを一通りチェック(サイトマップ)してからで結構ですので、まとまったお時間が許す時に挑戦してみてください!

☆これをやるかやらないかで一番差が出る部分だと思います。