損益計算書の読み方です。
やさしい株のはじめ方  【豆知識】…営業利益率
 同業他社の収益力の比較には、営業利益率(=営業利益÷売上高×100)が便利です。優秀な企業では、営業利益率が10%を超えてくる企業も少なくありません。
 例)キャノン … 15.5% 花王 … 13%    ☆下の表の例では6%となります。
〜基礎からわかる株式投資〜
サイトマップ 証券会社の選び方 株式投資の基本 株式投資の応用 たまご投資日記 株式用語集
 株式投資の応用
 株式投資の応用>財務諸表を読む>損益計算書

損益計算書



<損益計算書の読み方>

 損益計算書というのは、「期間ごとの経営成績(もうけ具合)を表すもの」です。損益計算書を読み解くことで、会社が稼いだ金額はもちろんのこと、稼ぐためにかかった費用本業で稼いだのか?副業で稼いだのか?という点まで把握できます。かなり重要ですので、これはぜひ知っておきたい決算書です。 それぞれを簡単にご説明しますので、下の説明と表を照らし合わせてください。


例) ひっきー株式会社の損益計算書  (単位:100万円)  
科目 金額 計算式 利害関係がある人
売上高 20000 顧客から
売上原価 15000 取引先へ
■売上総利益 【粗利益】
(売上高−売上原価)
5000 =20000−15000
販売費・一般管理費 3800 従業員へ(給料)
■営業利益
(売上総利益−販管費)
1200 =5000−3800
営業外収益 100
営業外費用 200 債権者へ(銀行など)
■経常利益
[営業利益+(営業外収益−営業外費用)]
1100 =1200+100-200
特別利益 50
特別損失 300
■税引き前当期利益
[経常利益+(特別利益−特別損失)]
850 =1100+50−300
法人税などの税金 400 国・地方公共団体へ
■当期利益
(税引き前当期利益−法人税などの税金)
450 =850−400 株主へ
(最後に残った利益)


 損益計算書で注目すべき数値は、『売上高』と、売上高から費用などを差し引いた、『5つの利益(売上総利益・営業利益・経常利益・税引き前当期利益・当期利益)』です。 

 

■ 売上高とは、本業を軸に、業務での収入すべてを合計したものです。売上高の大きさは、その会社の事業規模を表します。営業収益と呼ばれることもあるようです。

 

売上総利益とは、売上高から、売上原価(仕入れなどの費用)を差し引いた(売上高−売上原価)おおざっぱな利益のことを言います。粗利益(あらりえき)とも言われます。

 

営業利益とは、売上総利益から給料や家賃、通信費、交際費など会社を維持したり、売上を上げるために使った経費を差し引いた額(売上総利益−販売費・一般管理費)です。いわゆる本業の利益がこれに当たります。
 ※ 販売費 … 営業マンの給料や広告宣伝費などの営業活動に深い関係を持つ経費
 ※ 一般管理費 … 役員や事務職員の人件費や家賃など、販売には直接関係がない経費

 

経常利益とは、営業利益に対して、配当や利息など本業以外の収支(営業外収益・営業外費用)で加減した額です。本業以外の利益を含めた会社の日常的な利益がこれに当たります。

 

税引き前当期利益とは、経常利益に対して、土地の売却益や退職金支払いなどの特別な理由による収支を加減した利益です。税引き前当期利益は特別利益特別損失が大きい場合に大きく変動する利益です。

 

当期利益(純利益)とは、税引き前当期利益から、税金を支払った残り(税引き前当期利益−税金)のことを言います。いわゆる純利益がこれに当たります。私たち株主の取り分は、利益の中から他の利害関係者が取ったあまりになります。

 


☆損益計算書を期間ごとに並べることで、期間ごとの企業の力の推移を見て取れます(企業のホームページの中にあるIR情報や四季報などを使ってください)。企業の調子(現状)を見るのに最適な財務諸表です。

損益計算書を“過去5年分”、“過去10年分”と並べて、ざっくりとチェックしたい場合には、「財務分析ツール」を使うと、現在までの「売上高」、「営業利益」、「純利益」の流れがわかりやすいと思います。知りたい銘柄名を入れるだけの作業です。

財務分析(損益計算書)


初めての方へ | サイトマップ | 証券会社 | 基本編 | 応用編 | 用語集 | やさしい株のはじめ方
Copyright - © Hiccky 2005. All Rights Reserved