株を実際に買ってみる

<買う株を選んでみましょう>

このページでは、買う株の選び方を紹介します。買う株を決める根拠となる要素はいろいろとありますが、これを買えば絶対もうかる!という株はありません。株の探し方の例として、3つ挙げましたので参考程度に読んでください。

【1】 身の回りのモノをチェックしてみる

私たちが生活している中で、身の回りにはモノがあふれています。モノには時代の流れがあり、「はやりすたり」があります。今からはやっていくものは、その会社の業績を伸ばしていく要因となり、結果的に株価にも反映されます。ですから時代背景を読んでこれからはやっていくモノを予想したり、現状のはやり具合をチェックしたりするのもひとつの手です。

これは昔の出来事になりますが、1980年代にファミリーコンピューター(ファミコン)がはやりました。この製品は任天堂が作っています。当時は全くの無名で、花札などの家庭用おもちゃ(?)を作っていました。株価も低迷していましたが、ファミコンの爆発的ヒットでどんどん上がりました。結局言いたいことはその時代に株を買っていれば…、ということですね(笑)。株に「~たら、~れば」は禁句ですが…。時代は流れていますので、そういったチャンスはまた訪れるかもしれませんね。

【2】 配当金の多い株を買う

配当金に関しては「株のかせぎ方を知る」でも紹介しましたが、配当金の多い株を買うという考え方もありですね。特に、預貯金より少しでも金利がいい運用を目指している方にはおすすめできるかもしれません。株は持っているだけで、毎年配当をもらえますから、安定的に資産を得られます。仮に毎年3%の配当をもらえば、今の金利と比較してもずいぶんお得ですね。ただ注意しなければならないのは、会社の配当金はその年ごとに増減する可能性があることです(もちろん据え置きもありますが)。業績のよくない会社の株を持っていると減配(配当金が減ってしまう)のおそれがあります。
 また、業績がよくないのに無理に配当を出す(タコ配)会社もありますので気をつける必要があります。配当に関しては応用編でもくわしく扱います。

【3】 使える余裕資金の範囲内で株を選ぶ

株と一口に言っても、多種多様です。中には1万円ぐらいのものから300万円ぐらいのものまで、株によって大きく違います(もっと安い株もあります)。余裕資金の少ない方は、買える株の種類が限られてきます。そういう方はミニ株(1株から買える)に挑戦されてもいいと思います。(ミニ株については応用編『さまざまな投資方法を知る』で扱います)

…以上3パターン紹介しましたが、実は買う株の選び方はまだまだたくさんあります。最初はどれを買おうか迷われると思いますが、それは仕方がありません。株に慣れるにつれて、株に対する考え方にも余裕が出てくると思います。そこで、新たな切り口で株を選んでいけばよいと思います。株は一度買ったら終わりというわけではありませんからね。それに、はじめはみんな初心者です。「いきなり大もうけしてやろう!」と意識せずに、リラックスをしてはじめましょう!

はじめから株のプロの人はいませんので、ご安心ください!