株を実際に買ってみる

<買い注文の出し方>

これまでの流れで、

「1.ネット証券に口座を開く → 2.自分の口座にお金を振り込む → 3.買う株を選ぶ」

というところまでの準備を終えました。次はいよいよ買い注文を出します! …とは言っても、全然むずかしいことではありません!買い注文の時には、『どの株(銘柄)を、どれだけ(株数)、どんな注文方法で(成り行き注文、指値注文)、いつまでに買うか(注文の有効期間)』を決めるだけなんです。

買う株の銘柄は前のページの段階で、すでに選んであるということにして、その後の「株数」、「注文方法」、「注文期間」についてみていきます。

【1】 株数を決める

欲しい株数を注文に出します。仮に、1万円持っていれば、株価100円の株を100株買うこと(100円×100株=1万円)ができますし、10万円を持っていれば、1000円の株を100株買うこと(1000円×100株=10万円)ができます〔ここでは手数料を考慮していません〕。

株価と売買単位について

  (↑ヤフーの株価は470円で100株単位のため、47,000円で買える。マネックス証券の画面を使用。)

…ここで忘れてはいけないことがあります。それは、「単位株制度」です。これは何かといいますと、銘柄によって株を買える単位がまちまちということです(100株と1,000株の単位があります)。

通常取引とミニ株取引

例えば、上の表にあるように、株価が1,000円で『単元株が100株』の銘柄があるとします。この場合、最低の1単位(100株)で購入しても1,000円×100株なので、少なくとも10万円は必要になります。1,000円しか持ってないから1株で注文する!ということは“通常は”できません。

…でもがっかりしないでください。1,000円でも買う方法はあるんです♪それは先ほども出てきた「ミニ株(株式ミニ投資)」という方法です。ミニ株であれば、1株(単元未満株)から買うこともできます。もし1万円持っているなら、10株買うこともできます。ただし、ミニ株を取り扱っていない証券会社もあるので、利用する際はご確認ください。

【株式ミニ投資(単元未満株)を取り扱っている証券会社】

→ マネックス証券

【2】 注文方法、注文の有効期間を決める

まず注文方法ですが、「成り行き注文」と「指値注文」があります。

成り行き注文」というのは、その名のとおりで、買う銘柄だけをあらかじめ決めておき、買い値は相場の成り行きにまかせる注文です。「この株買いたいから誰か株を売ってくださ~い!」という状態です。成り行き注文をすると、あまりにも取引がない銘柄は、とんでもない買い値になってしまうことがありますが、有名どころの銘柄は適正価格で取引されます。
成り行き注文での注文の有効期間についてですが、成り行きの場合は決める必要がありません。その理由は、売り手がいれば、取引が成立する可能性が高いからです。普通であれば成り行き注文を出せば、すぐに成立します。簡単な注文方法です。

指値注文」というのは、その名のとおりで、買い値を自由に設定できます。そのかわり、設定した買い値以下での売り注文がなければ、いつまでたってもその株は買えません。そのため、指値注文は成立するのに時間がかかることが多いです。時間がかかるかもしれないということは、いつまでその注文を出し続けるかを決めなければなりません。注文の有効期間の設定をしない場合で、注文が成立しなかった時は、当日限りでの失効(注文の取り消し)となります。前のページでも触れましたが、失効した場合は改めて成り行き注文をするか、買い値をあげて指値注文するかを検討する必要があります。また、注文をしても取引が成立していなければ、注文の訂正取り消しをすることもできます。


このように、2つの注文方法には良い面と悪い面がありますので、その場に応じた判断で使い分けが必要です。

はじめのうちは簡単な成り行き注文から始めましょう!