実戦投資法を考える

<割安株投資法> おすすめ度 ★★★★

バリュー株投資法(割安株投資法)とは、『株価と業績などから評価して、割安で放置されている株を狙う投資法』です。割安に放置されている株が市場の原理によって、最終的に適正な株価に戻るところを狙います。

割安株投資法に関しては、株式投資の応用の 「PERPCFRPBR」 の部分で詳しく紹介していますので、読まれていない方は、まずこちらを参考にしてください。

割安株投資のメリットは、割安感が株価の下支えをしてくれることです。割安を示す指標が出ていると、下値の不安が少なくなります。また、市場の原理によって、いずれは適正株価まで上がるのでは?という安心感もあります。

割安株投資のデメリットは、『注目されなければ、なかなか株価が上がらない』ところです。割安株は成長力がなかったり、時価総額が低かったりと地味な銘柄であることが多いです。それゆえに、個人投資家はもちろん、機関投資家でさえ、なじみのない株であることが多いです。注目を浴びるまで、保有する忍耐が必要です。

割安株投資法の買い時売り時は次のようになります。

買い時チェック】

割安株投資法の買い時は、割安の状態であればいつでもよいと思います。買い時よりも売り時に気をつけたいところです。

売り時チェック】

売り時は、その株の割安感が薄れた状態です。割安株投資は、売り値をあらかじめ設定しておいて、その状態(株価)になったら利益を確定するのが望ましいと思います。必然的に長期投資になることが多いと思います。

割安かどうかを判断するには、公式に当てはめて考えたり、スクリーニング(銘柄分析)をする必要がありますが、大まかに知りたいときは、SBI証券の『分析』の項目(サンプル画面)を使うのも一つの手です(口座開設していれば、無料で使えます)。割安性を10段階で評価してくれます。

本格的なバリュー投資のすすめ

ここで紹介している、PERやPBRだけでは、企業の成長性や資金の効率性が計れないので、どうしてもきちんとした評価することができません。企業価値と理論株価を使った“本格的なバリュー投資”を始めたい方は、財務分析ツール(無料)が助けになると思います。

割安株投資は、成果を気長に待ちましょう

IPO投資法へ戻る

成長株投資法へ進む