ふるさと納税Q&A

ふるさと納税Q&A

「ふるさと納税」に関する、質問・疑問などをまとめました。

これから、ふるさと納税を始める方の参考になれば幸いです!

ふるさと納税で、所得税や住民税の控除を受けるためには、確定申告は必要ですか?
2015年からルールが変わり、5つ以内の自治体への寄付する場合、確定申告は必要ありません。6つ以上の場合は、従来通り確定申告が必要となります。自治体からもらえる「寄付金受領書」と、寄付した年の「源泉徴収票」も忘れずに保管してください。
ふるさと納税で控除が受けられる上限は、いくらですか?
家族構成や収入によってまちまちです。基本的には、収入が多い人ほど控除を受けられる金額が多くなります。
控除額の上限をオーバーして寄付した場合はどうなりますか?
自己負担額が2,000円以上となり、お得感が薄くなります。控除の上限ギリギリを狙うのではなく、余裕を持って寄付をする方がベターと言えます。
専業主婦や学生でも、ふるさと納税はできますか?
ふるさと納税自体は誰でもできますが、元々収入が少ない人にとってメリットは少ないです。税金面でのメリットを受けるためには、年収200万円くらいからが目安となります。
ふるさと納税を行ってから、お礼品はいつごろ届きますか?
自治体によって様々です。とくに、季節モノの特産品などは、旬が来ないと収穫できないので、発送が遅くなります。通年発送している自治体であれば、平均的には1か月前後で届くようです。
ふるさと納税の決済方法(入金)は、何が利用できますか?
自治体が発行する納付書や銀行振り込みが主流で、現金書留で決済することもできます。また、自治体によっては、クレジットカードを使えるところもあるので、ポイントも獲得できて、手数料がかからないクレジットカードによる決済がお得でおすすめです。自治体によって使える方法が異なるので、ご確認ください。
お礼品の内容がお得かどうかは、どう判断すればよいですか?
還元率」(かんげんりつ)という考え方があります。たとえば、1万円の納税をして、1,000円のお礼品であれば“10%”(=1,000円÷10,000円×100)という考え方です。中には、50%を超える還元率の高いお礼品を出す自治体もあるので、いろいろ探してみるのもおもしろいですね。

ふるさと納税を使って、お礼の品をお得にもらおう!

ふるさと納税とは? ・お礼の品の例 ・ふるさと納税の流れ ・ふるさと納税Q&A