ふるさと納税までの流れ

ふるさと納税までの流れ

「ふるさと納税(寄付)」をして、「お礼品」を受け取り、「節税」(確定申告)の手続きまでを5つのステップで紹介します。

むずかしい作業ではないので、興味がある方はチャレンジしてみてください。

1. ふるさと納税先の自治体を選ぶ

お礼品のよしあしや、ふるさと納税の使い道などを吟味して、自治体を選びましょう。
自治体によって、特典を申し込める時期が異なることがあるので注意してください。

▼

2. 寄付の申し込みをする

寄付の払い方は、銀行振り込み現金書留クレジットカードなどがあります。
クレジットカードで寄付をすると、手数料がかからず、ポイントもつくのでお得な方法です。

▼

3. 寄付の納付をする

人気のあるお礼品を渡す自治体は、募集が始まってすぐに停止になってしまうことがあります。
募集停止される前に、早めに寄付を行いましょう。

▼

4. 特産品などお礼品が届く

お礼品が届く時期はまちまちで、2週間程度で届くものから、特産品の旬の時期にしか届かない自治体もあります。 また、旬の時期がかぶると一度にたくさんの生鮮品(野菜・果物など)が届いてしまうこともあるので、計画的に行いましょう。

▼

5. 確定申告をおこなう

寄付する自治体が5つ以下の場合は、確定申告は不要ですが、6つ以上の場合は確定申告(2月、3月)の必要があります。寄付した後に自治体から発行される寄付証明書(寄付金受領証明書)を忘れずに保管しておきましょう。
万が一、確定申告を忘れた場合は、所得税・住民税などの税金の控除が受けられず、ただ単に寄付したことになってしまいます。

次のページでは、ふるさと納税を始めるときにぶつかる疑問・質問をふるさと納税Q&Aでまとめました。

ふるさと納税を使って、お礼の品をお得にもらおう!

ふるさと納税とは? ・お礼の品の例 ・ふるさと納税の流れ ・ふるさと納税Q&A