株価分析ツール

株価分析ツールの紹介

現在の株価が、「割安」か「割高」かを判断する方法としては、PER(株価収益率)PBR(株価純資産倍率)を使うのが一般的です。しかし、PERやPBRを使って評価しても、それぞれに問題点があって、正確に会社の価値を表現できないのも事実です。

割安・割高を判断する別の方法として、理論株価を使う方法があります。会社が持っている事業や財産などを使って、本来あるべき株価(理論株価)を算出し、それと現在の株価を比較します。これをもし手作業でやるとしたら、大変骨が折れる作業になりますが、自動的に決算書から数字を読みとって計算までしてくれるツールがあったらどうでしょうか!?そんな、夢のような分析ツールを紹介したいと思います。

具体的な手法としては、会社の企業価値(=事業価値+財産価値)を計算し、そこから有利子負債を引くことによって、株主価値を計算します。株主価値というのは本来あるべき理論株価と同じ意味なので、理論株価と現在の株価を比較することで、どれくらい割高か割安かがわかるのです。

これらの複雑な計算を自動でやってくれるのが、GMOクリック証券株価分析ツールです(口座開設をしている方は無料で使えるツールです)。見た目にもわかりやすく、図を使って解説されているので、大変重宝すると思います。

■ ソフトバンク〔9984〕を例にして、株価分析ツールを使ったサンプル画像です。

株価分析ツール(ソフトバンク〔9984〕の例)

【上の図の解説】

まず、ソフトバンクが持っている事業価値が1株あたり5,847円(緑色)と算出されました。これは、ソフトバンクが携帯電話事業やネット事業などで稼ぐ力です。

次に、となりの財産価値を見てみましょう。会社の持つ財産価値は1株あたり-145円(水色)となりました。これは、会社が持っている現金や土地などの合計で、直接的には事業には必要ない財産を指します。企業価値とは“事業価値”と“財産価値”を足したものなので、合計すると5,702円となりました。

ここから有利子負債846円(赤色)を引くと、理論株価が算出されます。ソフトバンクの理論株価が4,855円(黄色)と計算されました。ちなみに、この日のソフトバンクの株価は7,362円(オレンジ色)でしたから、この両者を比較すると・・・「51%割高」と答えが出ました!これらの複雑な計算をクリック1回でしてくれる便利ツールなんです。(事業価値や財産価値などの詳しい算出方法は、なぜか日本人が知らなかった新しい株の本を参考にしてください)

※ご注意
・株式分割などによって「発行済みの株数」が変化していると、正しい数字が表示されない場合があります。
・理論株価は、将来の株価を確実に予測するものではございませんので、参考程度にお使いください。
・新規公開株(IPO)など、銘柄によってはまだ対応していないこともあるようです。

株主価値と時価総額の推移(ソフトバンク〔9984〕の例)

【上の図の解説】

次は、株主価値(理論株価×株数)と期末の時価総額(株価)の推移を表すグラフです。かんたんに言えば、価値価格の比較です。価値より価格の方が高ければ(青色の塗りつぶし部分)割高ですし、価値より価格の方が安ければ(赤色の塗りつぶし部分)割安というわけです。できるだけ割安に株を買おうというのが“バリュー投資ですから、赤色部分のような、価値より価格の方が高い状態で株を買いたいものです。

具体的に解説しますと、“株主価値”というのは、先ほどの黄色部分のことで、事業価値と財産価値を足したものから有利子負債(借金)を引いた数字です。ざっくりと本来の会社の価値と考えても問題ないです。“期末の時価総額”というのは、そのときの会社の価格です。株価(時価)×株数で計算されます。この両者を比較して、会社の価値と株価の推移を時間軸で見たという分析です。

このグラフから見てとれる考察は、2006年の第4四半期(Q4)ではずいぶんと「割高」だったが、2008年の第2四半期~第3四半期(Q2~Q3)の間に「割高と割安が逆転」し、2011年の第2四半期(Q2)においても、なお「割安」な状況が続いていると言えます。

ソフトバンクの倍率評価(営業利益倍率、PER、CF倍率、PBR)
倍率評価を見るポイント1
倍率評価を見るポイント2

【上の図の解説】

次は、ソフトバ ンクの倍率評価と、倍率評価を見るポイント(例)を表す図です。 倍率評価からは、

「事業価値(ソフトバンクの主力事業)は営業利益の何倍になっているのか?」
「市場価値(株価水準)から見て、PERキャッシュフロー倍率(PCFR)PBRは何倍になっているか?」

を視覚的に理解できます。この図から見てわかることは、営業利益、純利益、営業キャッシュフローが毎年順調に伸びていること、総資産に占める借金の割合が多いため株主資本が少ないことです。ソフトバンクは成長企業なので、PERも17.9倍と今の純利益に比べて高い評価を受けていることもうなづけますね。

■株価分析ツールの使い方を紹介します!(ご利用は無料です♪)

1、GMOクリック証券に口座開設後、ログインします。

GMOクリック証券にログイン

2、「株式」をクリックします。

株式をクリック

3、検索窓に、調べたい会社名「(例)ソフトバンク」、もしくは、銘柄コードの「9984」と打ち込み、「検索」ボタンをクリックします。

銘柄名または銘柄コードを入力

4、「財務分析」をクリックすると、株価分析ツールのページがはじめに表示されます。

財務分析をクリック

5、株価分析のページが表示されました。

株価分析のページ

このように手軽に分析ができますので、「数字や分析はちょっと苦手…」という方も、GMOクリック証券株価分析ツールを一度チャレンジしてみてください♪割安度を計る一つの目安になると思います。細かい企業分析をする前に、このツールで投資先の候補として、ある程度目星を付けておくという使い方もできそうですね。

企業分析ツールの参考ページ目次

  1. 1、株価分析ツール
  2. 2、経営分析ツール
  3. 3、財務諸表分析ツール
  4. 4、シミュレータ