PC表示スマホ表示

 2015年からのNISA口座は、毎年金融機関(銀行、証券会社)を変更できるようになりました。

~基礎からわかる株式投資~

NISA特集

NISA(ニーサ)口座、毎年変更できるように


NISA口座、金融機関の変更可能に


 2014年から始まった“NISA(ニーサ)”の制度が、2015年から変わります。手続きをすれば、毎年、他の金融機関に乗り換える(口座変更)ができるようになったのです。これまでは、NISA口座開設後の4年間は変更できないルールでしたが、失敗しちゃった方も救済されますね!


 ■ お付き合いで近くの銀行で口座を作ったものの、よくわからない投資信託しかなかった…。
 ■ 大手の店頭証券会社で口座を開いたが、株の手数料が高くて失敗した…。
 ■ NISA口座を開いた金融機関では、買いたい商品(株・投資信託)の取扱いがなかった…。


 このように、なんとなくNISA口座を作ってしまった方も、今年からは選び直すことができますね。このページでは、「失敗しないNISA口座の選び方」や「乗り換えの具体的な手順」など見ていきます。

 

1.失敗しないNISA口座の選び方

 NISA口座を作るときに失敗しないためには、金融機関のことをもっとよく知る必要があります。銀行が身近な存在であるため、銀行でNISA口座を作ってしまう方が多いようです。次のようなデメリットがあります。

銀行では株取引ができない
投資信託の取り扱い数も非常に少ない
③投資信託の購入時手数料(販売手数料)が高いことが多い

このように、投資先の選択肢が限られます。銀行へ行ってもデメリットは教えてくれないので、これらの点は要注意です。まじめに資産形成を目指す方は、株取引ができて、投資信託の取り扱いも豊富な“証券会社”からNISA口座を作るべきだと思います。


 その証券会社も大きく2つに分けられます。野村証券、大和証券などの店頭証券楽天証券松井証券などのネット証券です。名前が売れていて、有名な“大手証券”の方が安心感があるように思いますが、現実は違います。まず、株式売買手数料はネット証券の方が圧倒的に安いです。仮に、100万円株取引した場合、野村証券で計算すると、11,967円になります。一方、楽天証券の場合、たったの609円です。1万円以上も手数料に差が出るので、大手証券を選ぶのは経済的ではありません(手数料は税抜です)。


 一方、投資信託を見てみると、購入時手数料が無料となる投資信託の取り扱い本数も、野村証券81本、マネックス証券246本と大きな差があります(2014年11月現在)。購入時手数料は3%以上(100万円買ったら、3万円!)かかることもザラなので、それが無料になるというのは、投資家にとってはコスト削減となります。投資家への“おもてなし”と捉えることもできるので、手数料無料の投資信託(ノーロード投信)が多い方がサービスが行き届いていると言えるでしょう。


 <NISA口座での取り扱い金融商品とその特徴>
 ネット証券※ 取り扱い商品 特徴
国内
株式
外国
株式
投資
信託
積立
投資
楽天証券
  • ・株式売買手数料完全無料
     ※2015年まで無料
  • NISA口座開設2,000円分の投資信託をプレゼント!
  • ・金融商品の取り揃え◎
SBI証券
  • ・株式売買手数料完全無料
     ※永久に無料
  • ・金融商品の取り揃え◎
カブドットコム証券
  • ・株式売買手数料無料
     ※2015年まで無料
     (売却時は手数料が必要)
松井証券
  • ・株式売買手数料完全無料
     ※永久に無料
     (通常口座でも10万円以下の株取引は無料
    ・投資信託は500円から積立
店頭証券
(野村・みずほなど)
  • ・株式、投資信託ともに、
     手数料が非常に高い
銀行全般
  • ・株式の取り扱いはない
  • ・投資信託は種類も少なく、
     手数料が非常に高い
 ※NISA口座は1年間で1人1つまでですが、通常の証券口座は、複数作ることができます。


2.乗り換え(口座変更)の具体的な手続き方法

 さて、NISA口座を変更するには、具体的にはどのようにしたらいいでしょうか?
 大きく分けて2つのパターンがあります。


■(1) 現在のNISA口座(A)をそのまま残して、2015年からは違う金融機関のNISA口座(B)を利用。
  (↑元のNISA口座でも、「再度取引をする可能性がある方」におすすめ!)

■(2) 現在のNISA口座(A)は廃止して、2015年からは違う金融機関のNISA口座(B)を利用。
  (↑元のNISA口座では取引を行わず、「新しいNISA口座で今後取引を続けたい方」におすすめ!)


まず、(1)のNISA口座を残す場合ですが、2014年にNISA口座を開設した「金融機関(A)」から、2015年は「金融機関(B)」を利用することになります。はじめに、金融機関(A)にNISA口座を変更したい旨を伝えます。そうすると、「①金融商品取引業者変更届(変更届出書)」が郵送されてくるので、これに記入して返送します。次に、「②非課税管理勘定廃止通知書」が送られてくるので、①と②を金融機関(B)に送ればOKです!あとは、証券会社が事務手続きを行ってくれます。


NISA変更手続き 
(参考:カブドットコム証券


(2)の廃止する場合は、2014年にNISA口座を開設した「金融機関(A)」に問い合わせて、「①非課税口座廃止届出書」を受け取り、必要事項を記入して返送してください。そうすると、「②非課税口座廃止通知書」が送られてきます。この①と②を金融機関(B)に送ればOKです!あとは、証券会社が事務手続きを行ってくれます。(廃止した場合でも、売却のみできます)

(注)いずれの場合も、NISA口座を作る前に、必ず通常の証券口座が必要となりますので、あらかじめ準備しておくとスムーズで便利です。→ ネット証券比較


3.NISA乗り換えに関するQ&A

Q銀行でNISA口座を作ったが、2015年からは、ネット証券(口座未開設)に乗り換えたい。
A、まず、銀行に連絡して、NISA口座の「変更届出書」を送ってもらいましょう。(その間を利用して、希望するネット証券で口座開設を行っておくとスムーズです。) 変更届出書を銀行に返送すると、「勘定廃止通知書」が送られてくるので、この書類と、ネット証券から取り寄せた「非課税口座開設届出書」を同封して送るとNISA口座の移動ができます。


Q、「非課税口座開設届出書」はどうやったら手に入るのか?
A、総合口座を作った後に、証券会社に「他社からNISA口座を移したい」旨を伝えてください。後日、郵送されてきます。わからない場合は、現在のNISA口座を作った金融機関にお問い合わせください。


Q、NISA口座の金融機関の移動はいつからできるか?
A、2015年1月1日より受付開始となります。詳しくは各金融機関のwebサイトなどに掲示されています。


Q、2014年にNISA口座で買い付けた株や投資信託は、他の金融機関に移管(移動)できますか?
A、移管することはできませんので、そのまま運用・売却などしていただくことになります。

【NISAの特集・状況別で比較】
 NISAとは?
 NISAの手数料比較をする
 NISAのキャンペーンを比較
 
 ジュニアNISAとは?
 NISA口座 金融機関の変更