NISA特集

つみたてNISA(積立NISA)とは?

<つみたてNISAまとめ>

・非課税枠が年間40万円、非課税期間が20年間
・2018年1月から運用開始(口座開設は2017年10月からスタート!)
・現行NISAとの併用はできない
・投資対象が限定される(非毎月分配型、信託期間が無期限または20年以上など
・積立NISAの表記が「つみたてNISA」に統一されました

2017年6月22日更新)

2018年1月から「つみたてNISA(積立NISA)」制度が始まります。(おさらい → NISA(ニーサ)とは?
つみたてNISAは、少額からの積立・分散投資を目的に作られた、NISAの新制度です。現状では、現行NISAとの併用はできないので、どちらかを選ぶことになります(将来的には、つみたてNISAへの一本化も検討しているようです)。このページでは、現行NISAと比較をして、どのような特徴・メリットがあるかを見ていきます。

(※当ページの掲載情報は確定しているものではなく、金融庁の方針・見解ですので、変更されることも予想されます。最新情報を注視してください。)

1.つみたてNISAとは?

2018年の1月から、「毎年40万円まで」、「期間20年」の非課税投資枠が設定されます。投資金額40万円分までの、「長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託(非毎月分配型、信託期間が無期限または20年以上など)」にかかる値上がり益や配当金(分配金)が非課税となります。

<つみたてNISA制度のイメージ>

つみたてNISAの概要

(※出典:金融庁より)

2.つみたてNISA vs 現行NISA

つみたてNISAは、現行NISAに比べて非課税期間が4倍非課税投資額が3分の1なので、少額でコツコツ長期投資をしたい方は「つみたてNISA」がおすすめです。少額といっても、毎月3万円弱を積み立てられるので、長期的な資産形成をするうえでは充分な金額ですね。また、現行NISAの投資総額が最大600万円に対して、つみたてNISAは最大800万円ですので、総額を見ると、つみたてNISAのほうが節税効果が高いことがわかります。対象商品も異なりますので、下記の比較表をご覧いただき、ご自身の投資スタイルに合うほうを選んでください。

<NISAの早見表>
項目 つみたてNISA 現行NISA
非課税対象 長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託(非毎月分配型、信託期間が無期限または20年以上であること等) 株や投資信託の値上がり益や配当金(分配金)
非課税投資枠 毎年40万円まで
(翌年への繰り越しはできません)
毎年120万円まで
(翌年への繰り越しはできません)
期間 20年間
(売却しても非課税枠の再利用はできません)
5年間
(売却しても非課税枠の再利用はできません)
投資総額 最大800万円まで 最大600万円まで
制度継続期間 2018年から2037年までの20年間 2014年から2023年までの10年間
NISA口座資格者 20歳以上 20歳以上

さらに、非課税期間終了時にロールオーバーできる金額の上限を撤廃することが検討されています。今までのNISAは非課税枠の120万円までしかロールオーバーできなかったので、仮に持っている株が120万円→200万円に値上がりしたとしても、非課税枠を超えた80万円分(200万円-120万円)はロールオーバーできませんでした。これが、今後は全額ロールオーバーできるようになり、より使い勝手が良くなります。

3.つみたてNISAのかしこい使い方

つみたてNISAの非課税対象は、長期の積み立てに適した「投資信託」のみです。現行のNISAのように、個別株は買えません。投資信託を使って、長期でコツコツと資産運用したい方には非常におすすめですが、「個別株」も「投資信託」も、どちらもNISA口座で運用したいという方は、現行のNISAを活用するほうが良さそうですね。

4.つみたてNISAの投資対象予想

つみたてNISAは投資家に対して、長期で資産運用をしてもらうための制度です。そのため、つみたてNISAで買い付けができる投資信託は、「設定期間が20年以上」、「毎月分配型ではない」、「販売手数料無料(ノーロード)」など、さまざまな条件を満たす、選ばれた投資信託のみです。

現在、約6,000本もある投資信託の中で、つみたてNISAの条件を満たす投資信託は約50本ほどに絞られます。この結果を受けて、QUICK資産運用研究所が「つみたてNISA」に選ばれる投信を予想しています。下記はその代表的な投信です。投資家に人気のある商品が多くあがっていますね。

<つみたてNISAで買い付けできる投資信託の予想>
種類 予想投信
インデックス投信
  • たわらノーロード シリーズ
  • <購入・換金手数料なし> シリーズ
  • eMAXIS シリーズ
  • iFree シリーズ ・・・など
アクティブ投信
  • さわかみファンド
  • ニッセイ日本株ファンド
  • ひふみ投信
  • セゾン資産形成の達人ファンド
  • 結い2101

5.『10月』からつみたてNISA口座の申し込みが開始

現時点では2017年10月から、各証券会社で、つみたてNISAの申し込みが開始されます。つみたてNISAの申し込みをするには証券口座が必須ですので、今のうちにお得なキャンペーンを使って口座開設をしておきましょう♪

<キャンペーン一覧表> (更新日:2017年6月1日)
ネット証券 金額 キャンペーン内容 締め切り
SBI証券 もれなく
2,500円
証券口座開設+ネット銀行+入金でもれなく2,500円と、当サイトのオリジナルレポート「株初心者でも見つかる株の選び方」の両方をプレゼント!(当サイト限定) 7月31日まで
楽天証券 もれなく
1,000円
証券口座開設+楽天銀行の口座開設をして、マネーブリッジの設定をするともれなく1,000円プレゼント! 7月3日まで
カブドットコム証券 もれなく
2,000円
証券口座開設+投資信託を10万円以上買うともれなく2,000円プレゼント! 6月30日まで
GMOクリック証券 抽選で
4,000円
証券口座開設+取引1回すると抽選でもれなく4,000円をプレゼント! 口座開設月の翌月末までに取引
岡三オンライン証券 もれなく
5,000円
証券口座開設+入金5万円でもれなく5,000円プレゼント! 6月30日まで