マネックス証券に取材

マネックス証券に取材してきました(第2弾)

マネックス証券の取材風景

(左:かえる 中:ひっきー 右:豊嶋さん プレスルームにて)

インタビュア : 竹内・かえる

今回"やさしい株のはじめ方"としては、2年ぶりにマネックス証券に取材に行って参りました。

マネックス証券の強みやサービスについて、マーケティング部の豊嶋さん・福島さん、そしてもちろん内藤忍さん(マネックスユニバーシティ代表)にもお聞きしました。今回もみなさんへのメッセージをいただきましたのでご期待ください♪

【 前回の取材記事 : 第1弾(2008年7月) マネックス証券の本社に取材

マネックス証券は、ネット証券の中でもとくに"投資教育"に力を入れている証券会社だと感じています。前回は内藤忍さんに、"投資"についてお話しをしていただきました。そこで今回は、前回より一歩踏み込んで、マネックス証券のサービスについてしっかりとうかがいました!

ちなみに取材は、非常にオシャレなプレスルームでさせていただきました。非常に、こったデザインになっているのですが、これは「ART IN THE OFFICE 2010」で選出されたそうです。

■マネックス証券の強みをお聞かせください

かえる : 2010年7月に、大阪で開催されたマネックス証券会社説明会に参加させていただきました。そこで「マネックス証券はさらに高付加価値サービスを提供していく」といった発言がありましたが、これについて詳しくお聞かせください。

豊嶋さん : マネックス証券としては、できる限り個人投資家のみなさんに、機関投資家が使うシステムに負けないぐらいのサービスを提供したいと思い、現在サービスの拡充・強化に力を入れています。ですから、以前取材におうかがいしていただいてから、ずいぶんと紹介したいサービスが増えました。『株式投資』・『投資信託』・『その他』にわけて説明させていただきたいと思います。

□株式投資編

マネックス証券はネット証券ではありますが、活きた情報発信を大切にしたいと考えています。今年9月には、チーフ・ストラテジストに広木隆が就き、よりみなさんの株式投資に役立ててもらうための、専門家によるレポート配信を強化しました。

専門家の写真1

村上尚己 : チーフ・エコノミスト

経済の動きや諸問題に関して分析や予測について解説しています

専門家の写真2

広木隆 : チーフ・ストラテジスト

経済環境や相場環境などから、全体的な相場の流れやトレンド、投資戦略を解説しています

専門家の写真3

金山敏之 : マーケット・アナリスト

国内市況・業種および個別銘柄に関する分析を解説しています

さらにオンラインセミナーの充実もはかりました。平日でもより多くの方々に見ていただけるように、19時開始だったところを20時以降に開始のセミナーも増やしています。その結果、視聴者も大幅にふえており、当社としてもさらにオンラインセミナーの拡充を考えています。

オンラインセミナーでは、講師にリアルタイムで質問できるチャット形式のセミナーも開催しています。株式投資だけではなく、毎週いろいろなテーマのオンラインセミナーを開催していますので、ぜひみなさんの投資に活用していただければと思っています。

また、投資中級者・上級者向けの株式トレーディングツールとして提供している『マネックストレーダー』をこの8月に大幅に改良しました。一画面でより多くの情報をチェックできるようにし、操作性を重視した改良になっています。さらに当社代表の松本大が力を入れております、テクニカル分析ツール『MONEX SIGN』を現在開発しておりますので、こちらもぜひご期待いただきたいと思います。