岡三オンライン証券に取材

岡三オンライン証券に取材してきました

■投資信託のラインナップは厳選されているようですね

ひっきー 岡三オンライン証券さんの投資信託は『厳選した取扱銘柄』とありますが、商品ラインナップに関して、ユーザーさんに特に注目してもらいたい点などありましたら、おうかがいしたいです。

田村さん 世の中に設定されている投資信託はとても種類が多く、選択肢が多いというメリットがある一方で、「どれを選んでいいのかわからない」という声をよくうかがいます。

当社では幅広いジャンルをカバーしつつ、投資コストや運用実績、期間、運用方針などさまざまな要素を元に吟味し、お客さまのニーズにお応えできるファンドを厳選して取りそろえています。また、各種ランキングや運用状況などの情報をお届けすることで、お客さまが銘柄選びの際に迷わないように心がけています。

ひっきー あらかじめ投資家のニーズにあわせた投資信託を厳選されているんですね。忙しくてなかなかスクリーニングをする時間も取りづらいサラリーマンの方には、うれしいのではないでしょうか。

■今後、投資信託の商品ラインナップについては、どのようにお考えでしょうか?

ひっきー ここ最近運用にかかる手数料をグッと引き下げた投資信託など、注目を集める商品が続々と登場しています。こうした商品の取り扱いを望む声もあると思いますが、御社では商品ラインナップの拡充について、今後どのようなスタンスで取り組まれるのでしょうか?

田村さん 投資家のかたにとって、投資におけるコストは重要なことの一つです。
当社でもすでに多くのノーロード(買付手数料無料)ファンドを取り扱っていますが、今後さらに増やしていく予定です。また、投資信託にかかるコストとして信託報酬がありますが、こちらにつきましても各運用会社から低コストを意識したファンドが設定されてきており、当社でも随時取り扱いを追加しています。もちろん、コストだけで判断するのではなく、前述のとおり運用方針や実績など、総合的に判断して選別していきます。

ちなみに、12月2日には当社取扱いの人気ファンド「中小型成長株オープン(スモール・モンスターズ・ジャパン)」をノーロードとしました。このように既存の取り扱いファンドにつきましても、ノーロード化を進めています。

ひっきー ノーロード型ファンドの拡充だけでなく、信託報酬の低い投資信託も今後増えていくようですね。当然ですが、投資信託のコストは低いほど利益につながりやすいので、今後にも期待したいです。

■投資信託の積立サービスが始まりましたね

ひっきー 御社では2016年4月から投資信託の積立サービスが始まりました。このサービスはどのような狙いで始められたのでしょうか?

田村さん 多少の差はあれど、誰もが先々に対する期待や不安を持っていると思います。積立は将来の備えとなる性質から、その解決手段の一つとしてお使いいただけると考え、サービスをスタートしました。そういった観点から、より多くのかたが投資を身近なものとして始められるよう、設定できる最低金額も1,000円とし、少額から投資できるようにしました。

千円札

積立は毎月の金額の多寡よりも、長く続けることのほうが大事だと考えています。当社では1,000円から1円単位で好きな金額を指定することができますので、ムリなく続けられます。また、収入が増えて増額したい時はWeb画面上から簡単に変更できます。多くのかたが貯金をしたことがあるか、もしくは考えてみたことがあるかと思いますが、なかなか実行に移し、しかも継続するというのは難しいものです。そんな時こそ当社の積立サービスを使ってほしいと思います。

ひっきー 個人的にも投資信託の積立はおこなっていますが、はじめに設定さえ済ませてしまえば、あとは毎月自動的に積立をしてくれるのでとても重宝しています。岡三オンライン証券さんの場合は「1,000円」から気軽に投資ができるので、「投資に興味はあるけど、一歩が踏み出せない」という方にピッタリなサービスだと思います♪