楽天証券で学ぶ

楽天証券を使って、海外ETFを買う

このページでは、海外ETFの買い方について見ていきます(あらかじめ、証券口座にお金を入れておいてください。→入金方法を見る)。海外ETFというのは、海外の証券取引所に上場している投資信託のことをいいます。(詳しくは海外ETFで解説しています)。それでは、さっそく海外ETFの買い方について見ていきましょう♪

1.まずはじめに、楽天証券の公式サイトをクリックして『ログイン』をしてください。

2.そうしますと、下のような画面がでてきますので、画面上にある『注文』をクリックしてください。

注文をクリック

3.『注文』をクリックしますと、下のような画面が出てきます。楽天証券では“中国ETF”と“米国ETF”の2つを取り扱っています。今回は“中国ETF”の買い方を流れに沿ってみていきたいと思います。画面上にある『中国株式』をクリックして下さい。

中国株式をクリック

4.そうしますと、下のような画面が出てきます。もうすでに買いたい銘柄が決まっている方は、【現地コード・銘柄名】欄にコードか銘柄名を入力し、『検索』をクリックしてください(もう銘柄が決まっている方は、こちら(5番)からお読みください)。

まだ買う銘柄が決まっていない方、どういう銘柄があるか知りたい方は『中国ETF取扱銘柄一覧』をクリックしてください。

中国ETF取扱銘柄一覧をクリック

↓↓ここからはしばらく『中国ETF取扱銘柄一覧』をクリックした場合の手順をみていきます↓↓

Ⅰ.『中国ETF取扱銘柄一覧』をクリックしますと、下のような画面がでてきます。気になるETFがありましたら、【ETF名称】欄にあるETF名をクリックしてください。今回は“iSHARES MSCI CHINA TRACKER”で進めていきます。

中国ETF取扱銘柄一覧

Ⅱ.ETF名をクリックしますと、そのファンドの解説ページが表示されます。それぞれファンドによって表示の仕方、内容などは異なりますが、主に「投資先の情報」や「運用実績」などが載っています。自分のお金を運用してもらうわけですので、じっくり調べて他のファンドとも比較してみると良いと思います。

見終わりましたら、もう一度下のような画面に戻ってください。もし、自分の気に入るETFが見つかりましたら、その【コード】欄にある5桁の数字をドラッグ(範囲指定)してコピーしておくと、覚えずに済むので楽です♪

コードをコピー

Ⅲ.コピーしましたら、先ほどの買い注文の画面に戻ってください(画面右上の×をクリックするだけです)。【現地コード・銘柄名】欄に、先ほどコピーした数字を、右クリック→『貼り付け』してください。さきほどコピーした銘柄コードが表示されたと思いますので、次に右側にある『検索』をクリックしてください。

コードを貼り付け&検索

↑↑↑↑ 『中国ETF取扱銘柄一覧』をクリックした場合の手順の解説はここまで ↑↑↑↑

5.『検索』をクリックしますと、下のような買い注文の画面がでてきます。まず、【数量】欄に買いたい株数を入力してください。ただし、右側に“(売買単位:200株)”とあるように、この銘柄の場合は200株ずつの単位でしか買えませんのでご注意ください。

また、1回あたり発注金額(指値×株数)が3,000香港ドルに満たない注文は受付けができません。この画面での売買単位は200株とありますが、『(指値)12.84香港ドル×(株数)200株』だと2,568香港ドルとなり、3,000香港ドルに満たないので“200株”では注文が出せません。ですので、今回は400株で注文を出します(12.84香港ドル×400株=5,136香港ドル)。

買い注文画面

6.最後に注文の確認画面がでてきますので、間違いがないかチェックしてください。間違いがなければ、『暗証番号』を入力し、『注文』をクリックしてください。暗証番号を入力しましたら、『実行する』をクリックしてください。これで海外ETFの買い注文は完了です!

買い注文確認画面

☆次は、外貨MMFの買い方をみていきます♪