PC表示スマホ表示

 楽天証券でマーケットスピードを利用してみましょう

~基礎からわかる株式投資~

 楽天証券で学ぶ

楽天証券でマーケットスピードを利用する



 ここでは、ネット証券最強のオンライン・トレーディング・ソフト『マーケットスピード』の特徴から起動するまでをご紹介していきます。
 マーケットスピードは楽天証券オリジナルのソフトで、自動更新される「リアルタイム株価」や、「市況状況・ニュース」のリアルタイム配信がされるだけでなく、20種類以上の「分析チャート」、「リアルタイム・ランキング」や「逆指値注文」などの多彩な「発注機能」を搭載しています。多機能でありながら、操作がわかりやすいのが特徴です。上級者向けのカスタマイズ機能も充実していますので、あらゆるタイプの投資家の株式投資を強力にサポートしてくれます!

 

 マーケットスピードは、↓の条件を満たさないと3ヶ月で3000円の利用料が発生してしまうのですが、ほとんどの方は無料で使っています!その無料で使える条件とは…


 ★マーケットスピードを無料で利用できる条件

・過去3ヵ月間に、手数料が発生する取引(約定)があること

・お預かり資産残高が30万円以上

初めて利用申請をおこなう



 などがあります。ですので、初めての方はどなたでも使えます。もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
それでは、まずはマーケットスピードの利用申請の手順から見ていきましょう!

 

 1.まずはじめに、楽天証券の公式サイトをクリックして『ログイン』をしてください。

  

 

 2.ログインしますと下のような画面がでてきますので、右上の『口座情報』をクリックしてください。

“口座情報”をクリック

 

 

 3.『口座情報』をクリックしたら、左側にある『有料情報申込状況』をクリックしてください。

“有料情報申込状況”をクリック

 

 

 4.そうしますと、下のようにサービスの申込状況がわかる画面がでてきます。マーケットスピードの欄の『申込』をクリックしてください。(※利用料3,000円と書いてありますが、条件が満たされている方は無料で利用することができますのでご安心ください)

ご自身の申込状況

 

 

 5.画面が切りかわって下のような画面がでてきますので、『同意する』をクリックしてください。

同意してください

 

 

 6.そうしますと、確認画面がでてきますので、【取引暗証番号】欄に楽天証券で口座開設したときに決めた暗証番号を入力してください。最後に『申請』をクリックすれば、申し込み完了です。もういつでも使うことができます。

“暗証番号”を入力

 

 

↓申込完了の画面が出ます

申込完了画面

 

 7.マーケットスピードの利用申請が終わりましたので、次はマーケットスピードをダウンロードしましょう。ログアウトした状態で、楽天証券のトップページを開いてください。下のような画面がでてきますので、右上にあります『マーケットスピードVer8.0』をクリックしてください(バージョンは変化する可能性があります)。

 

 

 8.画面が切りかわって下のような画面がでてきますので、『最新版ダウンロード』をクリックしてください。

マーケットスピードのダウンロード画面

 

 

 9.そうしますと、下のような画面がでてきますので、ご自身のOSに対応している方を選び、『一括ダウンロード』をクリックしてください。Windows XP、Vista、2000をお使いの方は上の“Version7.23”になります。
 ダウンロード手順については、こちらのページに解説がありますので、こちらを参考にしてください。(別ウィンドウが開きます)。ダウンロードが終わりましたら、次にインストールを行います。インストール手順については、こちらのページを参考にしてください。

“一括ダウンロード”をクリック

 

 

 

 10.ダウンロード、インストールは無事に済みましたでしょうか。インストールまで完了しますと、デスクトップに↓のようなアイコンが作られたと思います。その中の『MarketSpeed』をダブルクリックすると、マーケットスピードが起動します。

“青いアイコン(MarketSpeed)”をクリック

 

 あとは、好きなとき・好きな時間にいつでも使うことができます!ただ、利用期間は1回の申請で3ヶ月間ですので、引き続き利用される場合はその都度、申請が必要になります。

 

☆マーケットスピードを上手に使いこなして、株ライフを充実させましょう♪

   楽天証券を使って株取引を学びましょう (サポートページの目次
   資料請求  口座開設  お金を入れる  買い注文  売り注文  お金を出す
  
   銘柄選び(スクリーニング)をする 株価チャートを使いこなす
   マーケットスピードを使いこなす(基礎)  マーケットスピードを使いこなす(実践 - 動画付き)
   投資信託を買う 海外ETFを買う
   外貨MMFを買う 中国株を買う
   オンラインセミナー(無料)を利用する