楽天証券で学ぶ

楽天証券を使った、資料請求の進め方

このページでは、資料請求の進め方について解説していきます。実際に資料請求するときと同じ画像を使って、手順どおりに解説していきます。ですので、このページを見ながら一緒に資料請求をしていただくと、わかりやすいかと思います。資料請求をする上で必要なものは、ご自身が持っている銀行口座の情報だけです。お金を受け取るときに使います。ちなみに、資料請求は30秒~3分ほどで終わります。(細かく説明しているので、文が長くなってしまいました…)。それでは、早速スタートしましょう♪

1.まずはじめに、楽天証券の資料請求ページを開いてください。下のような画面がでてきますので、楽天会員の方は『楽天会員IDでログイン + 口座開設の申し込み』を、楽天会員でない方は右側の『口座開設の申し込み』をクリックしてください。

資料請求ページ
↓

2.(楽天会員でない方を前提にして進めます)

さて、ここから個人情報を入力していきます。まず初めに“株取引における約束事”などを確認する項目がでてきますので、内容を理解した方は『同意する』にチェックを入れてください。続いて、ご本人様の個人情報を入力してください。[必須]と書かれているところは必ず入力してください。入力しましたら、画面下の『次へ』をクリックしてください。

名前や住所を入力

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

電話番号やメールアドレスを入力
↓

3.引き続き、個人情報を入力してください。入力しましたら、『次へ』をクリックしてください。

職業などを入力
↓

4.続いて、勤務先の情報を入力してください。入力しましたら画面下の『次へ』をクリックしてください。

勤務先を入力
↓

5.続いて、勤め先ご家族についての質問にお答えください。入力しましたら、画面下の『次へ』をクリックしてください。

インサイダー取引に関する質問
↓

6.続いて、金融機関の情報(銀行名・支店名・口座番号など)を入力してください。出金先の口座を指定します。つまり、株を売ったりして証券口座からお金を出すときに、受け取る口座のことです。

出金先の銀行口座情報を入力
↓

7.そうしますと、下のような特定口座の開設画面が出てきますので、初心者の方は特定口座の源泉徴収ありを選択してください。これを選択することにより、株で利益が出たときに払う税金(確定申告)を証券会社が代行してくれます。(参考ページ:株にかかる税金)。

次に【取引暗証番号】欄に暗証番号を決めて入力してください。この暗証番号は、株取引をするときに必ず必要ですので、メモをとるなどして忘れないようにしてください。入力しましたら、画面下の『次へ』をクリックしてください。

電子交付を申し込む

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

源泉徴収ありの特定口座が楽です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

各完了したら次へ進む
↓

8.最後に、金融資産や投資経験などのアンケートにお答えください。ここで入力作業は終了です♪入力しましたら、画面下の『次へ』をクリックしてください。

金融資産の金額に注意

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

必須項目を入力したら次のページへ
↓

9.最後に内容の確認画面がでてますので、こちらで確認をしてください。間違いがなければ画面下の『送信』をクリックしてください。

ご自身が入力した内容を確認

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

内容確認後、最後に送信ボタンをクリック

☆ 資料請求、大変おつかれさまでした!

これで資料請求は完了です!1週間ぐらいたつと、楽天証券から『口座開設するためのかんたんな書類など』が送られてきます。これにハンコを押すなどして証券会社に返送すれば口座開設が完了します。次のページでは、口座開設の進め方について解説していきます♪

☆資料請求をする上でご質問などございましたら、お気軽にメールをお寄せください。