SBI証券で学ぶ

はじめての外貨両替(SBI証券)

海外ETFを買うための最後のステップとして、日本円を外貨に両替する方法を見ていきます。これを「為替取引」と言って、“日本円で外貨を買う(両替する)”のです。今回はアメリカの海外ETF(“VT”という銘柄)を買っていくので、米ドルの買い方を見ていきます。(あらかじめ、日本株式口座に40万円くらい入れておくと、「手数料」と「買い付け金額」の関係で、効率よく“VT”を買うことができます)。

1.まずはじめに、SBI証券ログインします。【ユーザーネーム】欄に、口座開設した時にご自身で決めたユーザーネームを入力し、【パスワード】欄にSBI証券から送られてきたパスワードを入力してください(パスワードはホームページ上で変更できます)。

SBI証券へログインします♪

2.ログインしますと、下のような画面が出てきます。画面右側にあります『米国株式 取引』をクリックしてください。

『米国株式』をクリック

3.新しく下のような画面が出てきますので、画面上にあります『為替取引』をクリックしてください。

為替取引

4.そうしますと、下のような画面が出てきますので、『買付』側にチェックを入れてください。チェックを入れましたら『注文入力画面へ』をクリックしてください。

『買付』にチェック

5.ここでは、いくら分の米ドルを買うかを入力します。あらかじめ、買いたい銘柄の株価を調べておくといいです。例として、“VT(バンガード トータル ワールド ストックETF)”を買う場合ですと、「為替手数料や売買手数料」と「買いつけ金額」のバランスを考えた場合、100株くらい買うのが効率的だと思います(手数料は株価の3%以下に抑えるのが理想です。ちなみに株価は、09年6月29日の株価=35.57ドルで計算しています)。100株というのは、35.57ドル×100株=3,557ドルです。ただし、これは株価だけの金額ですので、それに手数料なども含めるともう少し必要になります。余裕を持って4,000ドルほど入れておくといいかもしれませんね。

<参考>
※SBIの為替手数料…片道1ドル当たり0.25円
※SBIの売買手数料…26.25ドル(約2,625円)

さて、まずは【買付米ドル】欄に買いたい米ドルの金額を入力してください。上記の例の場合でしたら、『5,000』を入力します。続いて、『取引パスワード』を入力してください。取引パスワードは、口座開設をした時にSBI証券から書類が送られてきますので、そちらをご覧ください。最後に『注文確認画面へ』をクリックしてください。

米ドルの購入画面

無事に米ドルに両替することができましたら、次はいよいよ海外ETFの買い方を見ていきます。

目次へ戻る

海外ETF取引へ進む

【SBI証券を使って海外ETF取引を学ぼう】(目次へ)
資料請求 → ②口座開設 → ③資料請求(外国株) → ④口座開設(外国株) → ⑤入金 → ⑥ドルに両替
→ ⑦海外ETF取引