SBI証券で学ぶ

SBI証券で海外ETF取引をしてみよう!

この章では、SBI証券を例にとって、海外ETFを買うまでの流れをはじめから順番に見ていきます。これから紹介する全7ページに目を通していただければ、海外ETFかを買うまでの手順はかんたんに理解していただけると思います。SBI証券を例にあげた理由は、おすすめできる海外ETFの“VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)”を取り扱っていることと、口座開設数がネット証券でナンバー1という理由からです。

さて、パッと見ただけでも手順がわかるように、下の画像のような実際のパソコン画面を使いながら、ていねいに解説していきます。補足の文章も合わせて読んでいただくと、スムーズに進められると思います。

<サンプル画像>

本編中に出てくる画像のサンプル

※実際にはもっと大きな画像を使っています

●目次

まだSBI証券に口座をお持ちでない方は、まず初めに「SBI証券に口座開設!」を見ながら、証券口座を作ってください。SBI証券の口座が開設できましたら、下記の「1、資料請求(外国株)」から順番に進めてください。

<↓SBI証券に口座開設したあとの流れ>

最初の口座開設だけは本人情報を入力する必要があるので、どうしても10分程度お時間がかかってしまいますが、その他の手順は入力が省けるので、すぐに済ませると思います。それでは、SBI証券の口座をお持ちでない方は、SBI証券の口座開設から見ていきましょう♪すでにSBI証券の口座をお持ちの方は、外国株式の資料請求から進めてください。(口座開設など進めていく上でご質問・ご不明な点などございましたら、お気軽にメールをお寄せください。)

SBI証券を使って海外ETF取引を学ぼう】
海外ETF取引をするには、SBI証券の口座が必要です。「SBI証券に口座開設!」を見ながら口座開設してください。

資料請求(外国株) → ②口座開設(外国株) → ③入金 → ④ドルに両替 → ⑤海外ETF取引