PC表示スマホ表示

 SBI証券に口座開設をしてみましょう。

~基礎からわかる株式投資~

 SBI証券で学ぶ

はじめての外国株式口座の開設(SBI証券)



 外国株式取引口座の資料請求をしますと、だいたい1週間ほどで資料が手元に届きます。資料が届きましたら、ハンコを押して、本人確認書類のコピーと一緒に返信用封筒に入れ、ポストに入れるだけです!とても簡単な作業ですので、すぐに終わると思います♪ SBI証券側で手続きの確認がとれましたら、いつでも取引ができるようになります。(米国株式の取引可能時間は、10時~10時30分および14時~14時30分を除く時間です)

 

 SBI証券から以下のものが届きます。

1.告知書
2.返信用の封筒

 

SBI証券から届く書類

 
 

 1.まず、白い紙のほうを開いてください。告知書の枠の中にある『申込日』に申し込んだ日付を記入して、【お届出印】欄に『ハンコ』を押してください。※シャチハタ・ゴム印は使用できませんのでご注意ください。

 

申込日を記入してハンコを押してください♪ 

 

 

 2.続いて、ご本人の国籍が確認できる書類のコピーを用意します(例: 運転免許証、健康保険証、パスポートなど)。コンビニなどで手軽にコピーできます。

 

 

 

 3.最後に、『告知書』と『本人確認書のコピー』を『返信用封筒(↓の封筒)』に入れて、ポストに投函すれば完了です!ちなみに切手はいりません。

 

返信用封筒

 
 

 これで外国株式口座も作ることができましたね。次のページでは、日本株式口座にお金を入れる手順を見ていきます。(外国株式口座にお金を入れる際には、一度、日本株式の口座を経由することになります)

  【SBI証券を使って海外ETF取引を学ぼう】(目次へ)
資料請求→ ②口座開設 → ③資料請求(外国株) → ④
口座開設(外国株)→ ⑤入金 → ⑥ドルへ両替
→ ⑦海外ETF取引