複数の証券会社を口座開設するメリット

複数のネット証券に口座開設するメリット

このページでは、ネット証券で複数の口座を持つことのメリットについてご紹介します。言うまでもなく、証券口座を1つ作っておけば、株取引はできますが、私は複数の口座を持つことをおすすめしています。なぜなら、複数の口座を作っておくことによって、目的別に証券口座を使い分けることができるからです。口座を持っているだけで受けられるメリットが意外と多くあるので見逃せません。それでは、まずメリットを挙げた上で、それぞれについて詳しく見て行きましょう。

<複数の口座を持つメリット>

  • 商品によっても、証券会社によっても手数料が違うので、できるだけ有利な条件(安く)を選べる
  • 口座を持っているだけで、いろいろなサービスを受けられる
  • 口座を持っているだけで、有益な情報が手に入る
  • 新規公開株(IPO)のときに、口座を持っている分だけ抽選が受けられるので当選確率が上がる
  • ライブドアショックのときのような、システム上のピンチに対応できる

1.証券会社ごとに、商品によって手数料が違うので、できるだけ有利な条件(安く)が選べる
 株の売買手数料だけを見た場合、ライブスター証券の手数料が圧倒的に安いです。次に安いのは、GMOクリック証券カブドットコム証券です。約定代金10万円以下の場合は、松井証券が驚きの無料なので、こちらもおさえておきたい証券会社です。例をあげると、海外ETFの手数料を見た場合は、マネックス証券が一番安いです。楽天証券SBI証券が2625円のところ、マネックス証券2525円(100円安い)となっています。手数料は投資家にとっては大きなコストとなりますから、できるだけ手数料を抑えて投資に望みたいものです。

2.口座を持っているだけで、いろいろなサービスが受けられる。
 例えば、オンラインセミナーは口座開設をしていれば、無料で受けられることがあります。マネックス証券の場合、口座を持っていればMONEX LABという"資産設計アドバイスツール”や"株式リスク分析ツール”が無料で受けられます。使ってみるとわかりますが、無料とはいえ中身に手を抜いていない機能になっています。

3.口座を持っているだけで、有益な情報が手に入る
 口座を持っているだけで、メールマガジンを受け取ることができます。その内容は意外にすぐれていて、勉強になることも多いです。例えば、マネックス証券のメールマガジンです。ご覧いただければわかりますが、かなり充実した内容のものが無料で送られてきます。マネックス証券は他社より売買手数料がやや高めに設定されていますが、その分、“情報提供”という形で投資家に還元していることがわかります。口座を持つこと自体に管理費などの費用は発生しませんので、作っておきたい証券会社です。

4.新規公開株(IPO)を申し込む時、口座を持っている分だけIPO抽選が受けられ当選確率が上がる
 IPOは、証券会社ごとに割り当てがあるので、たくさんの口座を持っている人が、たくさんの抽選を受けられる絶対的に有利です。IPOに当選すれば、かなりの確率で利益が出ます(IPO当選記録:累積+1,505万円)。
詳しくは、『新規公開株(IPO)に挑戦する』のページをご覧になると、わかりやすいと思います。

5.ライブドアショックのときのような、システム上のピンチに対応できる
 2006年にライブドアショックが起きました…。この時、とある証券会社はシステムがダウンしました。その理由はかんたんで、みんながパニックになって売り注文を出そうと集中したからです。私は証券会社を1社にしぼって取引していたため、証券口座にログインすらできず、ストップ安の餌食にあいました…(汗”)。複数の証券会社に分散して資産を持っていれば、防げたことでした。
詳しくは、『ライブドアショックから学ぶ』のページをご覧になると、わかりやすいと思います。

最後に私のおすすめの証券会社をのせておきます。それは、マネックス証券(株初心者向けの投資教育サービスが充実、未成年も可)、楽天証券(手数料139円~)、カブドットコム証券(信頼の三菱UFJグループ)、SBI証券(旧 イートレード証券)です。なぜなら今メインにつかっていて使い勝手がよいからです。この4つのいいところを合わせると料金が安くて、サービスが充実していて、取引が早い!のが特徴です。初心者の方はこの4大ネット証券に口座を持っていれば十分です。

少し補足になりますが、マネックス証券は、他の証券会社に比べると手数料がやや割高に感じるかもしれません。しかし、口座開設をしていれば無料で受けられる、株初心者向けのオンラインセミナーや勉強会が充実しています。情報収集するときに私もよく活用している証券会社なので、口座を作っておいて損はありません。

IPO投資を目指す方は、主幹事を取れるSMBC日興証券も視野に入れるとよいと思います。たとえお金を入れなくても、口座開設をしていればいろいろなサービスを利用できるので、複数の証券会社をミックスして使用される方が非常に多いです。

☆口座開設する上でご質問などございましたら、お気軽にメールをお寄せください。