PC表示スマホ表示

 エイチエス証券を徹底比較で研究します

~基礎からわかる株式投資~

 【エイチエス証券の主幹事IPO実績】
  ■グランディーズ(割当率82%、公募価格360円、初値368円)
  ■ゴルフ・ドゥ(割当率:60%、公募価格:17万円、初値:
40.7万円
  ■オウケイウエイブ(割当率:60%、公募価格:15.5万円、初値:19万円

証券会社の選び方
 ・楽天証券
 ・マネックス証券
 ・松井証券
 ・カブドットコム証券
 ・GMOクリック証券
 ・ライブスター証券
 ・SBI証券
 ・SMBC日興証券
 ・むさし証券
 ・大和証券
 ・東海東京証券
 ・岡三オンライン証券
 ・フィデリティ証券
 ・内藤証券
 ・岩井コスモ証券
 ・立花証券
 エイチエス証券 
 ・マネーパートナーズ
 ・ソニー銀行

エイチ・エス証券

20万円以下は178円で分析ツール無料!



 エイチ・エス証券の魅力は、まず「手数料の安さ」です!なんと、10万円までの手数料が134円、20万円までの手数料が178円です♪(税抜)
 たくさん取引する方には、一日定額コースがおすすめです。300万円以下の取引なら、1日に何度取引をしても一律で2,500円となります。
 また「企業分析ツール」が他社よりも優れていて、視覚的に個別企業を分析できる“マーケットサテライト”は、長期投資家にとって一見の価値ありです。


<現物取引と信用取引の売買手数料の比較(税抜)> 
エイチ・エス証券
(一般コース)
現物取引 信用取引
10万円以下 134円
(100円)
95円
10~20万円 178円
(100円)
140円
20~30万円 339円 457円
30~50万円 571円
50~100万円 1,000円 1,142円
100~150万円 1,142円
 ※カッコ書きは「会員コース」の手数料です。

ハイパーアクティブコースで格安の定額取引を実現。
 エイチエス証券は、取引回数は関係ない1日定額コース(ハイパーアクティブコース)も用意しています。頻繁に取引をする方におすすめのコースです。

<ハイパーアクティブコース売買手数料(税抜)>
エイチ・エス証券 現物・信用取引手数料
300万円以下 2,500円 (1日何度取引しても)
300~600万円 5,000円 (1日何度取引しても)
600~900万円 7,500円 (1日何度取引しても)
900~1200万円 10,000円 (1日何度取引しても)
以降300万円
プラスごとに
2,500円の増加
 
 

■プロ顔負けの情報分析ツールを使えます。
 口座開設をしていれば、無料でつかえるツールが充実しています。株式情報ツールの“HS Trader”を使うと、取引のときに必要な「株価情報」、「チャート」、「ニュース」など、ひと目でわかります。
 “マーケットサテライト”では、「個別銘柄レポート」、「スクリーニング(銘柄条件検索)」、「決算ニュース」など投資家にとって必要不可欠な情報が無料で手に入ります。

※「個別銘柄レポート」をチェック!
株価情報、キャッシュフローの推移、時系列の業績分析などを、グラフを使って視覚的に見られるので大変便利です。過去3期分のデータもまとめて見られるのも助かりますね。(↓クリックすると画像が大きくなります)

エイチ・エス証券の個別銘柄レポート



 
 

取引チャネルが多彩です。
 「インターネット」による取引はもちろん、「コールセンター」や「営業店」での取引もできるので安心です。さらに「オールアクセス口座」を使えば、上記すべての取引を必要に応じて使い分けることができます。

 

キャンペーン情報
・口座開設をすると、3か月間株式売買手数料無料になります。何度取引をしても無料です!(12月30日まで)

 

エイチ・エス証券に取材させていただきました!(2011年9月)
 エイチエス証券本社にお邪魔しまして、「スマートフォン取引(スマ株)」や「エイチエス証券の強み」について、詳しくうかがいました(写真あり)。
 → エイチ・エス証券 MC営業本部 政元さん、新武さんへのインタビュー

 

取り扱い商品一覧
 MRF・MMF・国内株式・IPO・投資信託・REIT(不動産投資信託)・ETF・外国為替保証金取引(FX)・国債

 

注)証券会社のサービスは日々変化しておりますので、公式サイトにて詳細をご確認ください。