PC表示スマホ表示

 野村證券のインターネットサービス(野村ネット&コール)の特徴を徹底比較で研究します

~基礎からわかる株式投資~

証券会社の選び方
 ・楽天証券
 ・マネックス証券
 ・松井証券
 ・カブドットコム証券
 ・GMOクリック証券
 ・ライブスター証券
 ・SBI証券
 ・SMBC日興証券
 ・むさし証券
 ・大和証券
 ・東海東京証券
 ・岡三オンライン証券
 ・フィデリティ証券
 ・内藤証券
 ・岩井コスモ証券
 ・立花証券
 ・エイチエス証券
 ・マネーパートナーズ
 ・ソニー銀行
 ・マネーパートナーズ(FX)
 ・安藤証券
 ・新光証券
 ・ユナイテッドワールド証券
 ・外為どっとコム
 ・リテラクレア証券
 野村證券(野村ネット&コール) 
 ・オリックス証券(合併)
 ・かざか証券(合併)
証券会社の選び方>野村證券(野村ネット&コール)
                                  

野村ネット&コール

野村證券のインターネットサービス



 野村ネット&コールは、あの有名な野村證券のインターネットサービスです。業界最大手の野村證券が、満を持してオンラインサービス参入しました。野村證券ですから、安心・安全・低価格なサービスを展開していくことは間違いないでしょう(2009年11月、旧ジョインベスト証券が生まれ変わって誕生しました)。

 また、充実したバックボーンを生かすことによって、今後IPOの幹事証券としてIPOの割り当てが多くなります。野村證券ならではの充実したサービスや低額な取引手数料など、今後の動向に注目したい証券会社です。

 

50万円までの売買手数料500円です!
 野村ネット&コールは、『そのつどプラン』と『まとめてプラン』の2種類の手数料コースがあります。


 

単位未満株(まめ株)を取り扱っています。
 野村ネット&コールは、まめ株(いわゆるミニ株)を取り扱っています。まめ株を利用することによって、通常の投資よりも少ない金額から始められます。ミニ株を取り扱っている証券会社は少ないので、貴重な証券会社の一つです。

 

リアルタイム自動更新株価ボードが便利です。
 野村證券(野村ネット&コール)に口座開設するだけで、リアルタイムの株価ボード無料で利用することができます。クリックすることなく自動で株価が更新されます。ネット取引では必須なツールですので、無料で使えるというのはうれしいサービスです。

 

キャンペーン情報 
 キャンペーンは休止中です。 

 

野村ネット&コール 取り扱い商品一覧
 MRF・新規公開株(IPO)・信用取引・まめ株・FX・投資信託・投信積立て・先物取引

 

注)証券会社のサービスは日々変化しておりますので、さらに詳しい情報は、公式サイトにてご確認ください。

 

ネット証券会社の手数料比較へ戻る