PC表示スマホ表示

 内藤証券を徹底比較で研究します

~基礎からわかる株式投資~

 【内藤証券の強み】
 ・
中国株に関して最強のツール(メルマガ・レポート・セミナーなど)を持っています。
 ・
中国株の初心者にもやさしい『中国株入門』を利用可能です。
 ・日本株の手数料も最安値水準と格安です。

証券会社の選び方
 ・楽天証券
 ・マネックス証券
 ・松井証券
 ・カブドットコム証券
 ・GMOクリック証券
 ・ライブスター証券
 ・SBI証券
 ・SMBC日興証券
 ・むさし証券
 ・大和証券
 ・東海東京証券
 ・岡三オンライン証券
 ・フィデリティ証券
 内藤証券 
 ・岩井コスモ証券
 ・立花証券
 ・エイチエス証券
 ・マネーパートナーズ
 ・ソニー銀行
                                      内藤証券資料

内藤証券

中国株に無類の強さを誇る証券会社



 内藤証券の魅力は、中国株への投資環境の充実です。中国株の取り扱い銘柄数が多く、セミナーなどもよく開催される、中国株の初心者に対してやさしい証券会社です。私自身はまだ中国株投資をしておりませんが、中国株に投資をする際には是非お世話になろうと思っています。

 さらに、日本株への投資も格安の手数料で行うことができます。 

 

■1回の売買手数料180円からです!(日本株)
 10万円以下の投資であれば、180円という格安の売買手数料です。50万円以下であれば411円となっています。

 

1日定額コースが選択できます!(日本株)
 1日定額コースは、50万円までの売買手数料が442円。100万円までの売買手数料はたったの813円です。1日の合計約定代金で算出されるので、手数料のムダが出にくくなります。       

 

中国株の手数料が540円からできます。
 中国株の手数料は540円からとなっています。中国株にもかかわらずこれだけ安い手数料で取引できるのは内藤証券の強みですね。

 
 

キャンペーン情報
 ※現在休止中です

 

取り扱い商品一覧
 国内株式・中国株・信用取引・投資信託・インド株投資信託

 

注)証券会社のサービスは日々変化しておりますので、公式サイトにて詳細をご確認ください。