コラム・資料室

電力自由化でお得に電力会社を変更する方法

電力自由化とは?

2016年4月より、電力自由化が始まりました!

これまでは、全国各地の電力会社(東京電力や中部電力など)が独占状態でしたが、これからは契約する電力会社を自由に変更することができます。電力の小売りは、異業種参入が相次いでいて、ソフトバンクでんき(ソフトバンク)、myでんき(東燃ゼネラル)、昭和シェルなど、130社余りの事業者が電力小売りを開始・準備しています。

電力自由化のメリット・デメリット

電力自由化の最大のメリットは、何と言っても「月々の電気料金が安くなること」です。ご自身のライフスタイルに合わせて選ぶとよいでしょう。携帯電話会社を選べば、通話料金の割引が受けられますし、石油会社を選べば、ガソリンの割引が受けられます。同様に、ガス会社ならガス料金が安くなります。特に、ガス会社は、2017年からガスの自由化を控えていて、これからもっと変更のメリットが大きくなりそうです。

他には、どのようにして発電をおこなっている会社なのかを調べて選べることです。反原発で、エコを大事にされる方は、電力小売り会社の電源構成を調べて、納得できる会社を選ぶとよいでしょう。

電力自由化のデメリットは、「全国で展開していない事業者があること」です。きちんと調べて、ご自身のお住まいで展開している事業者を探すことがまずスタートになります。他には、心配されるのが、契約した事業者が破たんした場合、電気はどうなってしまうのか心配ですよね。こちらを調べたところ、セーフティーネットが敷かれており、既存の電力会社(東京電力や中部電力など)がフォローする形となるので大丈夫とのことです。

電力自由化に参入している企業の例

仮に、新電力に切り変えた場合、どのようなサービスが受けられるのでしょうか。実際に見てみましょう!
(手元に電力会社から送られてくる「検針票(電気ご利用のお知らせ)」をお手元においてシミュレーションすると、より実際に近い料金計算できるので便利です)

サービス名
(事業者名)
営業エリア・特典など
myでんき
(東燃ゼネラル)
【営業エリア】 東京電力・中部電力・関西電力
【特典】 電気料金の値引き
昭和シェル 【営業エリア】 東京電力
【特典】 ①ガソリンが10円/Lの値引き(月100Lまで、ハイオク・レギュラー)
電気料金の値引き
【向いている家】 昭和シェルが生活圏にあり、自動車をよく使う家(年間最大12,000円分のガソリンがお得に)。

↓私の家の検針票です。この月の電力使用量は461kWhでした。
電気料金の検針票

どれくらい安くなるか?シミュレーション

私の家の場合(中部電力)、上の画像のように461kWhでしたので、東燃ゼネラルの「myでんきのサイト」で、実際にシミュレーションをしました!ちなみに契約種別は、“従量電灯B”の“40A(アンペア)”です。下のような結果が出ました!

myでんき試算結果

私の家庭の試算では、年間2,400円ほどお得になるようなので、早速乗り換えを検討します!電気はずっと使うものなので、10年間だと24,000円、20年間だと48,000円も差が単純に出てきます。

 このように、 簡単に他社に乗り換えができ、また元の電力会社に戻したとしても、特に違約金のようなものが発生しないので、お試し感覚で気軽に動かしてみるのもアリですね。おそらくは、電力自由化が浸透していくと、サービス合戦が起きて、もっと良いサービスが出ることもあると思うので、そのときには、また乗り換えを検討しようと思います。