コラム・資料室

アマゾンゴー関連株まとめ

アマゾンゴー株式市場で注目を集める、アマゾンゴー関連株をまとめました。

アマゾンゴーとは、米国最大手のオンライン小売会社Amazonが運営する「レジに人がいない無人コンビニ」のことを言います。2018年1月にアメリカ・シアトルに1号店がオープンしました。アマゾンゴーに訪れた買い物客は、スマートフォンをゲートにかざして入店し、欲しい商品をショッピングバッグに入れ、そのままお店を出れば、自動的に支払を済ますことができます。レジに並ぶ手間が省けますし、店内のカメラを使って手に取った商品を認識しているため、万引きなどの防止にも役立ちます。

このシステムには、自動運転車に使われる「コンピュータ・ビジョン」と「ディープラーニング」、「センサー技術」が使われています。その影響で、日本の株式市場においても、アマゾンゴーに使われている技術に関連した会社が注目を集めています。今回はいくつかあるアマゾンゴー関連銘柄のうち、面白い企業を厳選しました。

アマゾンゴー関連株には、ハンズフリー認証システムを開発する「アドソル日進(3837)」、金融機関向けの店内監視システムを作っている「富士通フロンテック(6945)」、ICタグで不正を検知する技術を開発した「凸版印刷(7911)」、ICタグを製造している「カーディナル(7855)」があります。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
3837 アドソル日進 大企業向けの大規模システム開発を得意とする会社。企業向けに入退管理・個人認証がかんたんにできる「ハンズフリー認証システム」を提供中。コンビニの無人レジでは、ICタグをかざすことなくカゴに入れたまま一括精算できるシステムを目指しており、同社のシステムが流用されると考えられている。
6945 富士通フロンテック ATMや現金処理などの金融・流通端末の製造に強い会社。金融機関向けに「CMU-PC(自動機店内監視システム)」を開発しており、無人レジの店舗への利用が可能である。
7911 凸版印刷 大手印刷会社。印刷技術を基盤に液晶や半導体、包装資材などの製造をおこなっている。無人レジに関連して、同社の開発したICタグで不正を検知する仕組みが使用される可能性があると考えられている。
7855 カーディナル 会員証などカード専業のメーカー。ICタグやRFIDタグを組み込んだカードを製造しており、無人レジのコンビニに並べる商品への転用が期待されている。ICタグ関連銘柄としても注目を集めている会社。
6287 サトーHD バーコード、プリンタなど自動認識システムで世界トップシェアの会社。RFIDタグに強く、アパレルや医療現場、工場、小売店などでの在庫管理や勤怠管理に取り組んでいる。アマゾンゴーに代表される無人レジの店舗にも使用可能だと考えられている。
7862 トッパン・フォームズ 凸版印刷系の会社で、データプリントサービスやBPO(業務外注)に強い。ICカードやRFIDタグの開発にも力を入れており、無人レジの店舗に置かれる商品への活用が見込まれている。
7864 フジシール
インターナショナル
熱収縮性ラベル開発に強みを持っている会社。ICタグを搭載した筒状ラベルの製造にも取り組んでおり、無人レジのお店で販売する商品のパッケージに使われると考えられている。
6664 オプトエレクトロニクス バーコードリーダーのレーザーエンジンで世界2位の会社で、国内シェアは9割を誇っている。ICタグのスキャナの製造もおこなっているため、無人レジの店舗へ導入が進む可能性がある。