コラム・資料室

カジノ関連株まとめ

カジノ株式市場で注目を集める、カジノ関連株をまとめました。

カジノ関連の株では、カジノ向け決済システムの「テックファームHD(3625)」や海外でカジノ事業を展開している「コナミHD(9766)」、紙幣鑑別機のパイオニア「日本金銭機械(6418)」 などがあります。

カジノ法案成立にあたり、カジノ周辺のリゾート施設建設の計画があるため、関連株として、建設業界警備業界にも焦点が当てられています。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
3625 テックファームHD システム開発会社。チップやコインを電子マネーで代替する、カジノ向け決済システムを開発、2015年に米国で事業化する計画が出ている。
9766 コナミHD 北米・豪州・アジアを始めとして、世界で368のカジノライセンスを取得。海外でカジノ事業を展開している。カジノ法案の成立に合わせ、カジノ投資会社「コナミゲーミングジャパン」を設立する意思を見せたことで注目されている。
6418 日本金銭機械 世界のカジノ・アミューズメント施設の紙幣鑑別機の開発・製造をおこなっている。日本国内では、全国でATMや公共施設でも紙幣鑑別機が使われ、世界中にもその機器と運用システムが広がっている。
4712 アドアーズ アミューズメント施設を運営。カジノ事業を行う韓国JBアミューズメントと協力関係を構築することで合意したため、注目を浴びている。
6460 セガサミーHD 大手パチスロ・ゲームメーカーのサミーとセガの持株会社。韓国でカジノが入るリゾート施設の工事をおこなう。日本でのカジノ業界への参入表明もしている。
9735 セコム 「セコム・ホームセキュリティ」など、全国でセキュリティ事業を行っている。「大規模施設向けセキュリティシステム」がカジノに導入されるとの推測がある。
1801 大成建設 日本の大手ゼネコン(総合建設会社)。公営カジノを中心としたリゾート施設建設が計画されているため、期待されている。

表には載せていませんが、カジノ設立は2020年の東京オリンピックと同時期に構想されているため、観光業界にも期待されています。興味が湧いたら、こちらもご覧ください。