コラム・資料室

コネクテッドカー関連株まとめ

コネクテッドカー株式市場で注目を集める、コネクテッドカー関連株をまとめました。

コネクテッドカーとは、“インターネットにつながった車”のことを指し、IoT(モノのインターネット)の自動車版ともいえます。車がインターネットにつながることで、位置情報や走行スピードなどを共有し、自動運転や無人の隊列走行、もっとも効率のよい経路選択などを実現できます。そのため、コネクテッドカー用のシステムを開発したり、データ解析サービスを提供したり、自動車どうしの通信プラットフォームを提供したりする会社が増えてきました。また、インターネットにつながることで「ハッキング」の危険性が高まります。コネクテッドカー用のセキュリティソフトなどの領域も盛り上がってきました。コネクテッドカーの普及によって、自動運転技術が一気に進歩しそうです。

コネクテッドカー関連株には、コネクテッドカーのデータ解析をおこなう「トヨタ自動車(7203)」、車両運行管理システムを提供する「スマートバリュー(9417)」、コネクテッドカー向けソフトを開発する「アートスパークHD(3663)」、通信プラットフォームを提供する「日本エンタープライズ(4829)」があります。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
7203 トヨタ自動車 世界トップレベルのシェアを誇る自動車メーカー。NTTと協業でコネクテッドカーのデータ収集・分析をおこなっている。
9417 スマートバリュー クラウドソリューションとドコモショップの運営がメイン事業の会社。車両運行管理用に機械同士の通信をサポートする、M2M/IoTサービス『CiEMS 3G』を提供している。コネクテッドカーに必要な運行管理システムを構築しているため、注目を集めている。
3663 アートスパークHD アニメーション制作ソフト『OpenToonz』や車両情報伝達ソフト『exbeans VI Transfer』などのソフトウェアを制作する会社。2017年1月に東京ビッグサイトでおこなわれた「オートモーティブワールド」に車両情報伝達ソフトを出展。コネクテッドカーの発展を促進する企業として注目されるようになった。
4829 日本エンタープライズ 交通情報サービスやゲームサイトの運営、企業向けにサイト制作などを請け負う会社。コネクテッドカー用に、グローバル通信プラットフォームの構築もおこなっている。
3655 ブレインパッド マーケティングツールを開発・提供している会社。ビッグデータを分析して販促に活用するデータマイニングや、人工知能への機械学習にも強みがある。車載通信デバイスを活用したコネクテッドカープラットフォームの構築もおこなっている。
4667 アイサンテクノロジー 測量、土木ソフト開発販売をメインにおこなう会社。自動運転やコネクテッドカーに必要な、3次元地図を計測するためのドローン『Winser(ウインザ)』の開発を手掛けている。
3858 ユビキタス ソフトウェア開発キット、データ処理ソフト、セキュリティソフトの開発に強みを持つ会社。インターネットに自動車を接続するコネクテッドカーはセキュリティ対策が必要不可欠である。同社はコネクテッドカー専用のセキュリティソフトウェアの開発もおこなっており、この分野で重要な役割を果たすと考えられる。
3901 マークラインズ 自動車産業に特化したWeb情報サービス『MARKLINES』を運営する会社。集めた情報を活かし、コンサルティングや人材紹介もおこなっている。自動運転やコネクテッドカーの話題で自動車業界が盛り上がることで、情報サービスの契約数が伸びると予想されている。
3938 LINE スマートフォン向けメッセンジャーアプリ『LINE』を運営している会社。関連して、マンガやライブ配信、定額制音楽サービスも提供している。同社は現在、韓国NEVERと共同で開発するクラウドAIプラットフォーム「Clova」を活かし、トヨタ自動車・ファミリーマート・伊藤忠商事と協業で、コネクテッドカーの研究・開発を進めている。