コラム・資料室

うなぎ関連株まとめ

うなぎ株式市場で注目を集める、うなぎ関連株をまとめました。

うなぎと聞くと、「夏」や「土用の丑の日」、「ひつまぶし」、「鰻重」といったキーワードが思い浮かびますが、同時に「高い」というイメージを持っているかたも多いのではないでしょうか。日本人にとって“夏の風物詩”であり、“夏を乗り切る活力源”であるうなぎですが、天然ものは稀少度が高く、値上がりが続いています。そんな中、養殖によって安価においしいうなぎを楽しめるように努力する会社や、付加価値の高いサイドメニューとして用意する飲食店が増えてきています。うなぎの季節の到来に合わせ、うなぎの関連株をまとめてみました。

うなぎ関連株には、水産品冷食大手の「日本水産(1332)」、『くら寿司』を運営する「くらコーポレーション(2695)」、牛丼屋の老舗『吉野家』を展開する「吉野家HD(9861)」、居酒屋『芋蔵』や『ほっこり』などを東海地方で展開する「ジェイグループHD(3063)」があります。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
1332 日本水産 水産品冷凍食品大手の会社。魚油成分を使用した化成品が利益の柱。さけ、ます、ぶり、うなぎなど、養殖対象魚種の人工種苗を作っている。困難と言われるうなぎの完全養殖に関する研究も進めている。
2695 くらコーポレーション ロードサイド型の回転ずし店『くら寿司』を展開する会社。土用の丑の日や夏の到来に合わせて、うな丼を発売した。うな丼にかける魚介だれは7種類を用意。国産うなぎの切り身1枚が乗ったうな丼は580円、2枚乗った特上うな丼は980円と、1,000円以下で気軽にうなぎに舌鼓を打てるのが魅力。
9861 吉野家HD 牛丼屋の老舗『吉野家』のほか、すし、ステーキ、うどんの店舗も展開している会社。毎年夏になると、鰻重鰻皿の販売をおこなっている。使用するうなぎは、中国・広東省でシラスから育てたもので、品質にこだわりつつ1,000円以下で食べられる安さも兼ね備えている。
3063 ジェイグループHD 東海地方を中心に居酒屋『芋蔵』や『ほっこり』など飲食店を運営する会社。大型結婚式場や不動産事業なども手掛ける。うなぎが食べられる『名古屋丸八食堂』や『うな匠』といった店舗も展開している。
7550 ゼンショーHD 牛丼で首位の『すき家』のほか、回転寿司チェーン『はま寿司』やファミリーレストラン『ココス』などを運営している会社。牛丼チェーン『すき家』では、土用の丑の日に合わせてうな丼うな牛が登場。他にもねぎキムチがトッピングされたものや、ねぎ玉がトッピングされたものなど、さまざまな味のうな丼が楽しめる。
8028 ユニー・
ファミリーマートHD
『ファミリーマート』や、中京圏を中心としたスーパー『ピアゴ』などを運営する会社。ファミリーマートでは、土用の丑の日に合わせてうな重うなぎを巻いた恵方巻を発売している。
2806 ユタカフーズ 東海地区の中堅食品会社。『だし取り職人』などで有名の会社。うなぎに関連して、蒲焼きのたれを製造しているが、その品質が加工用として国内だけでなく中国でも高く評価されている。
3474 G-FACTORY 店舗型サービス業向け物件、内装設備リースなどをおこなう会社。退店する飲食店の店舗を内装とセットで買い受け、別の出店希望者に売り渡すのがメイン。別の軸として、うなぎ専門店『名代 宇名とと』を経営している。