コラム・資料室

eスポーツ関連株まとめ

eスポーツ株式市場で注目を集める、eスポーツ関連株をまとめました。

eスポーツとは、格闘やシューティング、戦略などの対人ゲームを競技化したものです。コンピュータやビデオゲームでプレイするため、「エレクトロニック(electronic)」の「e」が付いています。日本では認知度があまり高くありませんが、海外ではスポーツの一種として認識されています。プロリーグやプロチームが存在し、年間で数十億円を稼ぐプロプレイヤーもいるほどです。2018年に実施された平昌オリンピックでは、近隣都市でおこなわれたeスポーツの大会が「オリンピック・チャネル」を通して世界中に配信されるなど、オリンピックの競技のひとつに数えられるようになりました。

eスポーツ関連株には、大手ゲームメーカーの「スクウェア・エニックスHD(9684)」、家庭用や携帯用のゲームを制作している「コナミHD(9766)」、スマホゲーム配信・制作の「Aiming(3911)」、インターネットを使った動画ライブ中継やオンデマンド放送を手掛ける「Jストリーム(4308)」があります。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
9684 スクウェア・エニックスHD 『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』を中心にゲームを制作している会社。2017年冬に、スマホ向けeスポーツゲーム『ドラゴンクエストライバルズ』をリリースした。
9766 コナミHD 家庭用ゲームや携帯用ゲームを開発・制作している会社。『実況パワフルプロ野球』や『プロ野球スピリッツ』などのeスポーツゲームを制作しており、日本全国で大会を開いている。
3911 Aiming スマホゲームの配信・制作で大手の会社。2022年開催予定のオリンピックアジア大会へのeスポーツ採用を推進している「中国電子商取引大手のアリババグループ子会社」と提携している。
4308 Jストリーム インターネットを使った動画ライブ中継オンデマンド放送の「配信インフラ」を提供している会社。音楽やスポーツなどのライブ中継や、株主総会の配信、社内広報などの配信などをサポートしている。
4751 サイバーエージェント インターネット広告の代理店だが、スマホサービスやゲーム、AbemaTVなどを展開。エイベックスと協業し、eスポーツ大会『RAGE(レイジ)を運営している。また、ゲーム制作や動画配信に強みを持っているため、eスポーツそのものの開発や配信を手掛けることもできる。
3904 カヤック ネット広告などの受託制作、ソーシャルゲームが主力の会社。eスポーツプラットフォーム『Lobi Tournament』を開発している。『Lobi Tournament』では、誰でもかんたんにゲーム大会を開催・運営できるのが特徴。eスポーツの普及に一役買っている。
9468 カドカワ 出版大手のKADOKAWAと動画投稿サイト運営のドワンゴが経営統合してできた会社。『e-sports促進機構』という組織を作り、さらにゲーム情報メディアを運営する合弁会社『リインフォース』を設立した。国内のeスポーツ普及を最先端で進める会社といえる。
6460 セガサミーHD パチスロ大手のサミーと、ゲームソフト・アミューズメント機器で大手のセガを傘下に持っている会社。2018年にはeスポーツ大会『ぷよぷよチャンピオンシップinセガフェス2018』を実施した。