コラム・資料室

グラフェン関連株まとめ

グラフェン株式市場で注目を集める、グラフェン関連株をまとめました。

グラフェンとは、炭素の原子が集まってできたシートのことを言います。炭素が集まってできているものといえば、天然素材の中で最も硬いダイヤモンドが有名ですが、グラフェンの硬さはダイヤモンド以上と言われています。また、小さな面積でも熱や電気をムラなく通す性質のため、電子機器の小型化や省電力化への貢献が期待されているほか、医療機器への応用も研究されており、今後注目の分野です。

注目株は、グラフェンをサファイア上に生成することに成功した「日立製作所(6501)」、黒鉛から低コストでグラフェンを生成する技術を開発した「大阪瓦斯(9532)」、グラフェンの低温生成技術を開発した「富士通(6702)」などがあります。また、関連事業としてICチップを使った装置の開発をおこなう「日本信号(6741)」などが注目されています。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
6501 日立製作所 電子機器大手メーカー。2009年に東北大学と共同でサファイア上にグラフェンを生成することに成功した。また2013年には産業技術総合研究所などと共同で、ICチップの銅線に代わるより細いグラフェン配線の生成に成功するなど、スマートフォンやICカードに欠かせない装置の改良に大きく貢献している。
9532 大阪瓦斯 京阪神地区で都市ガス事業をおこなう会社。2016年1月に、黒鉛から低コストでグラフェンを抽出する技術を開発したと発表。この技術によって、グラフェンは従来の価格の半分で取引できるようになった。グラフェンの普及と関連事業の拡大を手助けすることが予想される。
6702 富士通 大手電子機器メーカー。ICチップに使うためのグラフェン線を、従来よりも低温で生成する技術を開発した。これによって、熱に弱い基盤上にもグラフェン線を敷くことができるため、さまざまな部品の電気の伝導効率を上げたり動作を安定させることができるようになった。
6741 日本信号 鉄道信号大手だが、改札機や企業のゲートといったICチップ読み取り機能の付いた装置の開発もおこなう会社。グラフェンによりICチップの性能が上がることが予想されているため、関連が深い企業として注目を集めるようになった。
6502 東芝 電化製品大手メーカー。銀の腐食を防止する効果を持つグラフェン膜と銀でできたナノワイヤーを組み合わせ、透明伝導フィルムを開発した。このフィルムは、太陽電池、ディスプレイ、照明や光センサーなど身近なものに活用することが計画されている。
4204 積水化学工業 住宅事業やプラスティック・樹脂の開発などをおこなう会社。2015年末に、グラフェンを使用して強度を上げた樹脂シートを開発。このシートは鋼版の1/3の重量で同レベルの強度を持っており、軽量化が進む自動車や鉄道車輌をはじめ住宅のインフラ材への利用が見込まれている。