コラム・資料室

自動運転車関連株まとめ

自動運転車株式市場で注目を集める、自動運転車関連株をまとめました。
 自動運転車関連の株では、自動運転車自体を開発・製造する「トヨタ自動車(7203)」や車載カメラ等を使って安全な自動運転の実現を目指す「JVCケンウッド(6632)」、自動運転タクシー会社を設立した「ディー・エヌ・エー(2432)」、自動運転の安全性を高めるための技術を開発している「パナソニック(6752)」などがあります。

自動運転車は、車社会における交通事故死ゼロを目指すために、各自動車メーカーが開発している「自動運転システムが搭載された、究極の安全システムを持つ自動車」のことです。日本国内においては、トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車が実用化に向けて走行テストを行っています。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
7203 トヨタ自動車 同社は自動運転車本体や必要なシステムの開発に力を入れている。ドライバーが運転したい時は運転でき、運転できないときは自動運転にするとし、あくまで「運転するよろこび」は提供する方針だ。今のところ、「協調運転技術」や安全な自動運転に欠かせない「地図自動生成システム」の開発を行っている。
7201 日産自動車 同社は2015年10月に、メディア向けに自動運転車の試乗会を開催した。電気自動車「リーフ」を改造した自動運転車が披露され、それがメディアで取り上げられたことから注目を集めた。
6632 JVCケンウッド 同社は自動運転の安全性を高めるために、人間が運転する自動車に搭載された装置で自動車とドライバーの状態を記録し、それを用いて自動運転のプログラムに反映させるという事業を行っている。自動運転は、コンピュータ制御のために安全性には問題があるとされているが、同社の研究によって、様々な運転状況に合わせて安全に自動運転できるようになると期待されている。
2432 ディー・エヌ・エー スマートフォン向けのゲームで有名な同社だが、2015年5月に自動運転タクシーを開発する新会社を設立したことで注目されている。また、2020年の東京オリンピックで無人タクシーを披露する計画を立てている。
6752 パナソニック 自動運転の制御システムがサイバー攻撃を受けた際に防御するためのプログラムを開発している。また、自動車の安全運転を支援する「先進運転支援システム(ADAS)」の強化も平行して行っており、自動運転の縁の下のちから持ちとも言えよう。
6503 三菱電機 同社は内閣府から受託した、「ダイナミックマップ」という自動運転に必要な細やかな地形情報が盛り込まれた地図の作成に取り組んでいる。自動運転の安全性を地図という切り口から守る大事な仕事である。
6594 日本電産 同社は自動運転の技術開発に力を入れており、自動運転に必要な加速度センサなどのセンシングデバイスの開発、障害物感知システムの改良などを行っている。自動運転の根幹を担う大切な分野といえる。
6902 デンソー トヨタ自動車関連の大手自動車電装部品メーカーだが、2016年1月には自動運転システムの技術開発に特化した部署を設置した。この部署では、産官学と連携し、最新の自動運転技術の追求を行なっていく。企業だけではなく国や学術機関を巻き込んだ開発に注目が集まっている。
6796 クラリオン 同社は日立製作所と共同で、歩行者の動きを予想し回避するシステムの開発を行っている。車には4つカメラを取り付け、コンピュータで常に監視する。2018年の実用化に向けて取り組んでいる。
6773 パイオニア 同社は自動運転を安全に行なうために必要な障害物などの情報を、予めデータ化しておき、それを自動運転車に配信する形でコスト削減を図っている。自動運転車それぞれが障害物の分析を行うとなると、高性能な機器が必要になってしまうが、同社のシステムを使えは、市民でも手の届くものとなると考えられる。