コラム・資料室

JPX日経インデックス400関連株まとめ

JPX日経インデックス400株式市場で注目を集める、JPX日経インデックス400関連株をまとめました。

JPX日経インデックス400とは、日本取引所グループと日本経済新聞社などが共同で算出す株価指数のことです。東証一部・二部・マザーズ・ジャスダックに上場している企業のうち、資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準を満たす、「投資家にとって投資魅力の高い会社」が400銘柄集められました。今回は、400銘柄のなかからより厳選した企業を紹介します。

JPX日経インデックス400関連株には、冷凍食品大手の「日本水産(1332)」、分析・計測機器大手の「島津製作所(7701)」、衣料品ネット通販『ZOZOTOWN』を運営する「スタートトゥデイ(3092)」、会員制リゾートホテルで首位の「リゾートトラスト(4681)」があります。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
1332 日本水産 水産品冷凍食品の大手メーカー。冷凍食品のほかにも、健康食品や魚油成分を使用したスキンケア用品の開発もおこなう。消費者の健康志向の高まりを受け、ニーズに合った商品提供に取り組んでいる。
7701 島津製作所 分析・計測機器の大手メーカー。医用機器や航空機器にも強く、半導体・液晶関連、バイオ・環境関連事業にも進出している。売上高、営業利益、純利益が順調に伸びており、安定して収益を上げられていることがわかる。
3092 スタートトゥデイ 衣料品ネット通販『ZOZOTOWN』や、『ZOZOTOWN』と連携したファッションコーディネートサイト・アプリ『WEAR』を運営する会社。20代~30代の女性といった、経済的に余裕がありファッション感覚も鋭い世代に利用されている。スマホ一つで“ウィンドウショッピング”ができる同社のサイトの人気は高い。
4681 リゾートトラスト 会員制リゾートホテルで首位。複数人で1部屋を時間単位でシェアする制度を採用しており、部屋を効率的に運用できる。健康志向の高まりや、中国人の“医療ツーリズム”に合わせた人間ドック事業も展開。ゴルフ場事業と合わせて、心身ともに健康に過ごせるリゾート施設の開発に取り組んでいる。
6268 ナブテスコ 産業ロボット用精密減速機で世界シェアで6割の会社。ロボット用減速機は、ロボットの腕や脚などの関節部分に用いられる部品で、動作スピードやなめらかさなどを決めるため、重要な役割を果たしているパーツだと言える。ほかにも、自動ドアで世界首位で、鉄道車両用のブレーキにも強みを持っている。
3402 東レ 炭素繊維複合材で世界トップの会社で、衣料や産業用途の繊維事業もおこなう。さらに、繊維事業で蓄積した技術を生かして、電子材料や水処理膜にも強みを持っている。
9001 東武鉄道 北関東中心の鉄道会社。関東私鉄の中で路線は最長で、スカイツリーや日光などの観光にも力を入れている。C11形蒸気機関車14系客車を利用した「SL大樹」などの観光列車や、通勤にも観光にも使える500系特急電車リバティ」を導入するなど、ニュースも多い。
5332 TOTO 衛生陶器でシェア6割をほこる会社。ほかにも、水栓金具や浴槽などの製造・販売、リフォーム事業にも取り組んでいる。また、同社衛生陶器の品質の高さと、ウォシュレット機能が海外で好評。