コラム・資料室

花粉症関連株まとめ

花粉症株式市場で注目を集める、花粉症関連株をまとめました。

花粉症は、日本人の約3割の人が発症しているアレルギー性の鼻炎です。花粉症に悩む人は毎年増加しており、その背景には花粉の種類の多さのほかに、自律神経を乱す不規則で不健康な生活習慣、ストレスがあるといわれています。花粉症で苦しむ人を薬で助ける取り組みはもちろん、マスクやメガネなどの花粉症予防グッズを開発する取り組みもされています。

花粉症関連株には、花粉症の症状を和らげる薬をつくっている「田辺三菱製薬(4508)」、花粉症で悩む人向けの情報共有サイトを運営する「協和発酵キリン(4151)」、花粉の侵入を防ぐマスクを開発した「明治HD(2269)」、花粉症対策グッズを販売する「マツモトキヨシHD(3088)」があります。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
4508 田辺三菱製薬 医薬品メーカー。花粉症の治療薬である抗ヒスタミン薬点鼻薬をつくっているほか、減感作療法とよばれる免疫療法の研究、手術による治療法を研究している。
4151 協和発酵キリン 医薬品製造やバイオがメインの会社。花粉症で悩む人の情報共有サイト「花粉症ナビ」を運営している。花粉症の症状から薬の飲み方、正しい対策の方法など、花粉症に関するあらゆる情報を提供している。
2269 明治HD 国内首位の乳業・菓子メーカー。医薬品も手掛けている。乳酸菌飲料『R-1』は、生活習慣病予防のほか、花粉症を和らげる効果もあるとして、注目を集めている。
3088 マツモトキヨシHD 都市型のドラッグストア。花粉症対策グッズ症状を和らげる医薬品を販売しており、春先には花粉症に悩む人の駆け込み寺となっている。
7980 重松製作所 産業用防毒マスクを作っている会社。防毒マスクの技術を生かし、花粉が入らないように顔に密着するマスクを開発した。他にも、花粉が入らないメガネをつくっている。
2811 カゴメ ケチャップやトマトジュースなど、トマトの加工品で有名な会社。野菜ジュースも手掛けている。研究によって、トマトに含まれる成分が花粉症の症状を和らげる効果があることがわかったため、トマト加工品を作っている同社が関連株として注目されている。
8113 ユニ・チャーム 生理用品や紙おむつを作っている会社。花粉症対策グッズの一つであるマスクを作っている。『超立体マスク』は、顔に密着して花粉の侵入を防いでくれるため、多くの人に愛用されている。
4967 小林製薬 芳香剤や消臭剤、医薬品などをつくる会社。花粉症対策グッズとして鼻うがい薬をつくっている。耳鼻科でしかできなかった鼻うがいが手軽にできるため、花粉症に悩む人にウケている。