コラム・資料室

リチウムイオン電池関連株まとめ

リチウムイオン電池株式市場で注目を集める、リチウムイオン電池関連株をまとめました。

リチウムイオン電池とは、使い捨ての乾電池やニッケル水素電池に代わる充電可能で軽量な電池のことをいいます。ノートパソコンやスマートフォンなどで使用されているバッテリーがこれに当たります。なぜリチウムイオン電池が注目されているかというと、2010年ごろにハイブリッドカーが台頭してきたこと、そして最近特に電気自動車の開発が盛んになってきたことで、これらに使われるリチウムイオン電池への需要が急激に高まってきているからです。一口にリチウムイオン電池といっても、電池の正極材や負極材、電解液、セパレーターといった部品ごとに製造する会社が多く、注目銘柄は幅広くなります。

注目株は、負極材や電解液を製造する「三菱ケミカルHD(4188)」、正極材とセパレータを製造する「住友化学(4005)」、使用済みリチウムイオン電池のリサイクルを手掛ける「JXホールディングス(5020)」、リチウムイオン電池セパレータを製造する「帝人(3401)」などが注目されています。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
4188 三菱ケミカルHD 三菱系の総合化学持ち株会社。傘下の三菱化学がリチウムイオン電池部品を製造していることで注目されている。代表的な商品はリチウムイオン電池に使う負極材と電解液。負極材は天然黒鉛を使用して急速充放電と低温特性に優れたMPGと、人造黒鉛を使用して高容量で寿命特性に優れたICGの2種類がある。また電解液はスマートフォンなどの身近な電気製品から自動車、航空機のリチウムイオン電池にも使用されている。今後普及する電気自動車を支えることが期待されている
4005 住友化学 総合化学大手の会社。リチウムイオン電池の重要部品の一つである正極材とセパレータを製造していることで注目されている。セパレータは、リチウムイオン電池内の正極と負極の間に挟み込んでショートしないようにするシートのこと。住友化学のセパレータは高い電気絶縁性を持っているため、電気自動車やノートパソコン、スマートフォンなどで幅広く活用されている。2015年にはセパレータの生産能力を上げるべく、韓国の子会社内に工場を新設し2017年から稼働させることを発表した。
5020 JXホールディングス 石油精製・販売の最大手企業。2012年に子会社のJX金属が、福井県の敦賀工場内に使用済みリチウムイオン電池のリサイクル工場を設置したと発表し、注目されるようになった。リチウムイオン電池には貴重な金属資源である炭酸リチウム、ニッケル、マンガン、コバルトなどのレアメタルが含まれており、役目を終えた電池からそれらを抽出して再び利用できるように精製する。
3401 帝人 合成繊維の大手メーカーで、リチウムイオン電池に使うセパレータを製造していることで注目を集めた。「LIELSORT(リエルソート)」という名前が付いた帝人のセパレータは、世界で初めてポリエチレン基材が使われたもので、従来よりも耐熱性や電極との接着性が高くなっているのが特徴。電気自動車からスマートフォンまで、あらゆる分野のリチウムイオン電池で使用されることが見込まれている。
3864 三菱製紙 印刷・情報用紙大手の会社。2014年に高い安全性を持つリチウムイオン電池の塗布型不織布セパレータを開発したと発表した。近年、電気自動車用のリチウムイオン電池など大型でエネルギー密度が高くなっているが、その分電池の熱暴走などの重大事故が発生する危険性が高くなる。そこで、高い耐熱性を持つセパレータが必要となる。三菱製紙は、高温でも収縮しないポリエステル不織布にセラミックを塗ることで、耐熱性の高いセパレータの開発に成功した。
4217 日立化成 日立グループのひとつで、電子・自動車部品や蓄電池などを得意とする会社。リチウムイオン電池向けの負極材は、世界でトップシェアを誇る。電気自動車用のリチウムイオン電池も製造しており、大容量で長寿命、耐振動性・耐衝撃性に優れた構造で業界では一目置かれている。