コラム・資料室

画像認識関連株まとめ

画像認識株式市場で注目を集める、画像認識関連株をまとめました。

画像認識とは、画像を機械が読み取って内容を分析し、画像に描かれているものを認識する技術のことです。人間の目と脳の役目を機械に果たさせる技術とも言えます。これらの技術は、デジタルカメラやスマートフォンのカメラのオートフォーカスや光学式文字読み取り装置(OCR)、工場における製品の欠陥検査や部品の選別、倉庫での仕分け作業などに使われてきました。最近では、AI(人工知能)が発展してきたことを受け、画像認識技術の精度が向上しています。今後はAIを搭載したロボットや自動運転車への活用が見込まれており、世界中の企業や投資家から注目されている領域です。

画像認識関連株には、システム構築大手の「新日鉄住金ソリューションズ(2327)」、IT企業の保守点検受託などをおこなう「日本サード・パーティ(2488)」、紡績大手の「倉敷紡績(3106)」、オフィス向け情報機器販売の「レカム(3323)」があります。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
2327 新日鉄住金
ソリューションズ
製造業向けシステム構築で大手の会社。ITインフラサービスやデータセンター事業にも取り組む。2017年にAIを使ったアプリケーション開発をサポートするため、画像認識プラットフォーム「KAMONOHASHI(カモノハシ)」を開発した。
2488 日本サード・パーティ IT企業の保守点検受託やIT研修事業などをおこなっている会社。国内で初めて米エヌビディアが実施するディープラーニングのトレーニングパートナーとなり、画像認識によるディープラーニングのトレーニングプログラムを提供している。
3106 倉敷紡績 ジーンズなど厚手の布地に強みを持つ紡績大手。製品の立体形状を認識して欠陥を見つけ出す画像処理システム「3D形状検査装置」を開発した。工場などへの導入が進むと考えられている。
3323 レカム オフィス向けに情報機器を販売する会社。2016年に人工知能OCRサービスを展開するAI inside社と資本業務提携を発表。レカムが販売する商品にAI inside社の画像認識システムを組み込んだシステム構築をおこなうそうだ。
3653 モルフォ 携帯用画像処理ソフト開発ベンチャー。画像技術の研究にも取り組んでおり、車載機器やFA機器、医療分野への技術提供をおこなっている。デンソーと提携し自動運転車向け画像処理システムの開発も進めている。
3962 チェンジ ビッグデータやクラウドを活用し経営課題の解決をおこなう会社。小売業や製造業に向け、画像認識を活用した「画像ビッグデータ解析サービス」を提供している。
3993 PKSHA Technology 東京大学発の人工知能ベンチャー。AIを活用した文字認識や対話技術、画像認識技術、強化学習技術などを研究している。トヨタ自動車が出資しており、画像認識技術を活用して自動運転の研究が進められている。
4667 アイサンテクノロジー 測量・土木ソフトの開発販売をおこなっている会社。トンネル調査・道路台帳作成・高精度3D-GISマップデータ収集などに使われる車載型の「移動式高精度3次元計測システムMMS(モービルマッピングシステム)」を開発している。