コラム・資料室

レアアース関連株まとめ

レアアース株式市場で注目を集める、レアアース関連株をまとめました。

レアアースとは、世界の産出量がごく少ない希少な金属元素のことです。レアアースは世界に偏在しており、中国が生産量で世界トップを誇っています。レアアースは、ハイブリッド車のモーターや風力タービン、光ファイバー、iPodなどに使われており、ハイテク製品に欠かせません。日本のハイテク製品メーカーもレアアースを使っていますが、その多くを中国からの輸入に頼っています。

しかし、2018年4月に東京・小笠原諸島にある「南鳥島」周辺の海底にレアアースがあることを、早稲田大学や東京大学の研究チームが発見。実際に海底を掘って埋蔵量を試算したところ、ハイブリッド車のモーターに使われる「ジスプロシウム」という物質が世界需要の約730年分、「デルビウム」が約420年分など、合計1,600万トンものレアアースが存在しているだろうという結論が出ました。これによって、資源を海外に頼り切りだった日本が、資源大国へと変わる可能性が高まっています。

レアアース関連株には、海洋掘削大手の「日本海洋掘削(1606)」、レアアースの採集や調査をおこなっている「石油資源開発(1662)」、レアアース磁石を製造している「信越化学工業(4063)」、地下資源工事用掘削機械を製造している「鉱研工業(6297)」があります。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
1606 日本海洋掘削 大手海洋掘削会社。巨大な掘削設備を持ち、原油やガス田、レアアースの掘削・回収を請け負っている。南鳥島でレアアースが発見されたことで、レアアースの採集をおこなう会社として注目を集めている。
1662 石油資源開発 原油・ガス開発を専門におこなっている会社。国内の天然ガス田操業を基盤に、海外進出を進めている。堆積物からレアアースを抽出する技術の開発や、関連技術の調査・研究をおこなっている。
4063 信越化学工業 塩化ビニル樹脂や半導体シリコンウエハで世界首位の会社。レアアース磁石(レアアースマグネット)と呼ばれる製品を作っており、自動車のモーターやエアコン用コンプレッサモーターなどに使われている。
6297 鉱研工業 地下資源工事用の掘削機械で有名な会社。ボーリングマシンや地下水掘削機械などが強い。南鳥島にレアアースが見つかったことで、掘削機械の需要が高まるとして注目されている。
5714 DOWA HD 製錬、環境・リサイクル、金属加工、電子材料、熱処理をおこなっている会社。貴金属の回収に強みがあり、家電などに含まれるレアアースのリサイクルにも取り組んでいる。
6269 三井海洋開発 船の形をした原油生産貯蔵設備の設計・建造をおこなっている会社。レアアース採取技術の開発を進めており、今回の南鳥島周辺でのレアアース発見のニュースを受け、投資家からの注目を集めている。
3036 アルコニックス レアアース、レアメタル、非鉄金属の専門商社。M&Aによって金属加工などの製造業を傘下に収め、収益の安定化を進めている。南鳥島でのレアアース発見を受け、商社の業績も良くなると考えられている。
8015 豊田通商 トヨタ系の総合商社。自動車、金属、機械に限らず石油や食品、保険まで幅広く取り扱うのが特徴。子会社の豊通マテリアルが、自動車部品などに使うレアアースの輸入インドでのレアアース商品の開発をおこなっている。