コラム・資料室

シェアリングエコノミー関連株まとめ

シェアリングエコノミー株式市場で注目を集める、シェアリングエコノミー関連株をまとめました。

シェアリングエコノミーとは、インターネットを活用して個人が所有する自動車や住宅などの資産を他人に貸し出すことで収益を得るサービスをいいます。近年日本国内でも話題になっている住宅の貸し出しサービス「Airbnb」や、タクシー配車サービス「Uber」がこれに当たります。特に自動車においては、所有するという認識から共有するという認識へ変わってきています。なぜなら、お金がかかる資産は複数人で共同で買って使うほうが経済的だと考える人が増えてきたからです。これから、他の資産においても共有ブームがやってくるのかもしれませんね。

注目株は、時間貸し駐車場事業と並行して自動車貸し出しサービスをおこなう「パーク24(4666)」、民泊向けリノベーションサービスをおこなう「インベスターズクラウド(1435)」、スポーツ選手のマッチングサービスをおこなう「ネクスト(2120)」、シェアリングエコノミー協会を設立した「クラウドワークス(3900)」などが注目されています。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
4666 パーク24 時間貸し駐車場経営最大手の会社。2009年から駐車場に貸し出し用の自動車を配置し、カーシェア事業で国内初の黒字を達成した。2015年には34都道府県に展開、配車台数1万台を超えており、誰でも気軽に使える環境が整いつつある。
1435 インベスターズクラウド 民泊向けリノベーションサービスをおこなう会社。民泊用の部屋にインターネットに接続されたエアコンや照明などを設置したり、外国人利用者用の多言語対応のタブレットを設置する。これによって、民泊をインターネット上で一括管理することが可能になった。IoTを活用して、民泊施設のオーナーと利用者双方の負担を軽減する素晴らしいサービス。
2120 ネクスト 日本初のスポーツ選手とスポーツチームのマッチングサービス「Lifull Scouting」を展開する会社。このサービスに登録したプレイヤーはサイトで自分のプロフィールを公開し、チームや企業はサイト内で興味のあるプレイヤーを見つけてスカウトするシステム。現在は野球、サッカー、バスケットボール、テニス、ゴルフをメインに対応させているが、これ以外の競技でも登録可能。スポーツでの活躍を目指す若者や企業にはうってつけのサービス。
3900 クラウドワークス 人材マッチングやクラウドソーシング事業で最大手の会社。2015年12月に、シェアリングエコノミーの考え方を普及させ、日本経済の発展を支えることを目的とした「シェアリングエコノミー協会」を設立したことで注目を集めた。会員数は60を超えており、最近発生した熊本地震の現場においても、復興の後押しをすべくシェアリングエコノミーを活用した宿泊施設の提供などをおこなっている。
8909 シノケングループ アパート・マンションの販売事業や不動産賃貸管理事業をおこなう会社。2015年12月に民泊に関する条例が制定された東京都大田区に、マンション1棟・総戸数46戸の建設を進めている。このマンションは民泊対応型として建設をおこなう予定で、完成後は実際に民泊施設として運営する。また周辺サービスとして、民泊物件を対象とした清掃サービスや民泊対応型少額短期保険の開発などへの参入も検討している。
2432 ディー・エヌ・エー オークションサイト「ビッダーズ」などインターネットサービスの企画・運営をおこなう会社。2015年9月に、個人間でのカーシェアサービス「Anyca」をリリースした。車を持っていて貸し出したいオーナー、車を持っておらず借りたいドライバーをインターネットを通してマッチングする。駐車場運営会社から借りるのと違い、車の受け渡し場所が自由なのが魅力のひとつ。