コラム・資料室

観光関連株まとめ

観光株式市場で注目を集める、観光関連株をまとめました。

観光といえば、日常生活から外れて“普段見ることのできない”景色を楽しむことをいいます。それに加えて、その土地でしか食べられない食べ物やお酒を楽しむことも、観光の目的のひとつになっています。私たちは、そんな「観光」を楽しむために国内外の観光地に出かけますし、海外の方も同じで「観光」のために日本に来たりします。その際に必ず「消費活動」を伴うので、恩恵を受ける企業も多くなります。今回は、観光によって良い影響を受ける日本企業をまとめてみました。

観光関連株には、格安航空券で有名な「エイチ・アイ・エス(9603)」、ビジネスホテルから高級旅館までを展開する「藤田観光(9722)」、富士山麓周辺で別荘やリゾート施設を運営する「富士急行(9010)」、ネット専業の旅行会社である「旅工房(6548)」があります。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
9603 エイチ・アイ・エス 格安航空券で有名な会社。個人の自由旅行に強く、海外旅行の取扱高は国内2位である。長崎県の「ハウステンボス」や、愛知県の「ラグーナテンボス」などのテーマパークも保有している。
9722 藤田観光 高級宴会施設『椿山荘』、『太閤園』のほか、ビジネスホテル『ワシントンホテル』、高級旅館『箱根小涌園』などを運営する会社。インバウンドの影響などで、ビジネスホテルや観光地の旅館の宿泊需要が高まると考えられる。
9010 富士急行 富士山麓周辺で別荘リゾート施設富士急ハイランドを運営している会社。鉄道事業やバス事業もある。富士山麓は観光地としても有名であり、富士急行線でやってきたお客さんが富士急ハイランドで遊び、リゾート施設で宿泊して帰ると考えられる。富士山麓に来た観光客をトータルサポートできる点が強みである。
6548 旅工房 ネット専業の旅行会社で、地域ごとに専門のトラベルコンシェルジュを設定。それぞれの地域の担当者による提案販売が強みである。海外旅行、国内旅行はもちろん、法人向けの出張・団体旅行を企画・販売している。
9202 ANA HD 国内線・国際線の就航数で国内トップの会社。子会社にLCCのバニラ・エアとピーチアビエーションを抱えている。イギリスの航空会社の格付け会社から、「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」という最高評価を受けた。従来の航空路線に加えてLCC事業を展開することで、幅広いインバウンド・アウトバウンド需要を取り込んでいる。
4681 リゾートトラスト 会員制リゾートホテルで国内トップの会社。1部屋を複数の人で所有し、時間単位で利用を申し込む「タイムシェア制度」を採用し、効率よくリゾートホテルを運営している。ゴルフ場や健康診断の施設も運営しており、医療インバウンドにも対応している。
9022 東海旅客鉄道 ドル箱の東海道新幹線と在来線12路線を保有する会社。東海道新幹線が収益の7割を占めている。東海道新幹線沿線には、横浜・中華街、熱海温泉、富士山、名古屋城、京都、大阪などの観光名所が豊富にあり、日本人はもちろん外国人も東海道新幹線を利用して国内観光を楽しんでいる。
2371 カカクコム 家電や衣料品などの価格比較サイト『価格.com』を運営している会社。旅行のクチコミ・比較サイト『フォートラベル』も運営中。国内旅行・海外旅行の予約ができるほか、実際に旅行した人のクチコミ記事が読めるのが特徴。生の声を知ることができるため、安心して旅行プランの申し込みができる。