PC表示スマホ表示

 株の値幅制限表です。

~基礎からわかる株式投資~

 コラム・資料室


 値幅制限表



  ここでは、値幅制限表を見ていきます。値幅制限とは、いわゆる『ストップ安ストップ高』の時に動く株価の範囲のことです。値幅制限が存在することで、株価が一日のうちで動きすぎることを防ぐ役割を持っています。ということで、最悪な場合でも、一日にして株券が紙くずになるということはありません(ストップ安が連日続けば厳しいですが…)。

 また、価格帯(前日の終値)によって値幅制限が異なります。 詳細は下の表を参照してください。


 注)マーケットメイク銘柄(MM銘柄)には、値幅制限がありませんので、ストップ高・ストップ安という概念はなく、どこまでも株価が動く可能性があるので、注意が必要です。


値幅制限


<値幅制限の例>

【ケース1】 ※1
 前日の終値が150円であった場合は、制限される上下の値幅が50円(↑上から2番目)のため、ストップ安になった場合は100円まで下がり、ストップ高のときは200円まで上がります。


【ケース2】 ※2 前日の終値が、ちょうど10,000円であった場合は、制限される上下の値幅が3,000円(↑上から12番目)のため、ストップ安になった場合は7,000円まで下がり、ストップ高のときは13,000円まで上がります。(10,000円とは、『10,000円以上~15,000円未満』に入るので、値幅制限は3,000円です)


 


<値幅制限の特別措置>

 株の売買が行なわれず(出来高なし)に、3日連続で『ストップ安』、もしくは『ストップ高』になった場合、値幅制限が規定の2倍に拡大されます。(ただし、ストップ安のときは下限のみの拡大で、ストップ高のときは上限のみ拡大となります)。

  【コラム・資料室】コラム・資料室トップ
  呼び値   値幅制限表
  配当・株主優待の権利カレンダー   過去の事象による銘柄検証
  ライブドアショックから学ぶ   相場の格言から学ぶ-1(計画的ナンピン買い)
  CAGR(年平均成長率)を使えるようにする   やってはいけない!不公正な株取引のルール
  株券電子化とは?