余裕資金のすすめ(支出ダウン編)

かしこいカードの使い方

<カードにお金を生ませる>

ここからは、支出ダウン編です! 支出を減らすことを考えていきます。

ここでは「カードにお金を生ませましょう!」というクレジットカードについてのお話です。クレジットカードでお金を生ませるなんて、なんだか変な話ですね…(笑)。でも、ちょっと読んでいただければ、理由はすぐに理解できます。私の場合で考えますと、年間で1万円以上も浮く計算になりますから、参考にしてみてください。

クレジットカード」と聞くと、どうしても悪いイメージが先行してしまいます。よく話題になるのが、「カードで作った借金を、新しく作ったカードで払ってしまう(払わざるを得ない)というカード地獄」です。この最悪のケースは、結局払いきれなくなってしまい、資金繰りに行きづまって結果的に自殺自己破産をしてしまいます。わざわざいうまでもありませんが、クレジットカードは「うちでの小づち」のような魔法のカードではありません。

もちろん、私はみなさんに対して「クレジットカードを使って借金をどんどんしてください!」と勧めるつもりは全くありません。ホームページの中でも「借金はしないでください!」といっておりますし、国の借金(国債、個人向け国債など)ですら買うつもりはありません…。借金は嫌いです。家を買うにしてもお金がたまってから買うつもりです(笑)

…続きまして、大変申し訳ございませんが、以下に当てはまる方にはおすすめできません。

お金のムダづかいが多すぎる方
毎月のやりくりに困りすぎている方
意志が弱すぎる方
キャッシング(借金)をしてしまう方

カードを作って損していたら相手の思うツボです。この先を読み進めるのは、不利益になる恐れがありますのでおやめになったほうがよろしいかと思います。

…前置きはここまでです。これからお話しすることは、かしこいカードの使い方です。くどいようですが「借金をしてください!」という意味ではありませんから勘違いしないでください。

まず簡単に説明します。何にカードを使うかといいますと、公共料金「電気、ガス、水道、電話(携帯電話も含む)」生活必需品「絶対買わないといけないもの(ガソリン、食料品など)」を支払う際に使います。それをカード一括払いを選択するだけです!

支払いの時に利用ポイントが貯まりその分キャッシュバック(現金返還)されます!一括払いを選択されれば手数料はかかりませんし、特別に何かをする必要はありません。カードを利用した分(カード会社を通した分)だけお得になります。おそらく公共料金の支払いは通帳からの引き落としを選ばれている方が多いと思います。その間にカード会社をはさむだけです(↓イメージです)。

【現状】 公共料金等支払い→通帳(直接引き落とし)
【おすすめ】 公共料金等支払い→カード会社通帳(カード会社から来月にまとめて引き落とし)

それでは、カード会社はどうやってお金をかせいでいるのでしょうか? 消費者ばかりがもうかるような、うまい話があるはずありませんよね…。

カード会社がもうけるのは、私たちが商品などの購入時に選ぶ分割払い・リボ払いキャッシング(借金)です。分割払いリボ払いにすると、金利手数料が発生します。その手数料が会社の収益です。分割払いやリボ払いをするということは、一時的に借金をしている状態になります。キャッシングの方は言うまでもなく借金ですから、返すお金には高い利子をつけて返さなければなりません。ですから、よく考えてうまくカードを利用すれば、おいしいとこ取りができるのです!

次は、実際に支払いをカードに置き換えたとき、具体的にどれくらいの節約(キャッシュバック)になるのか見ていきます。

キャンペーン情報
JCB EITカード新規入会キャンペーンとして、
このページから入会3か月後の15日までに、
50,000円以上のショッピング利用で、
もれなくJCBカード2,000円プレゼントです♪
年会費は永年無料です。 (2013年5月31日まで)
JCB EITカード