住宅ローン特集

金利差による返済総額の違い

住宅ローン金利は低い方が借り手にとってはありがたいですが、銀行によって金利はそれぞれなので、比較するのも大変な作業です。まずは金利を比較する前に、金利が違うと、毎月の支払いや支払総額にはどれくらい影響するのかを考えてみたいと思います。

仮に、30歳の人が「3,000万円」の住宅ローンを「固定金利3%」で「30年」というローンを組んだとします(元利均等返済、手数料などは無視)。下の表をご覧ください。毎月の支払額は約12.6万円、支払総額は4,553万円という試算になりました。ここから、金利を3段階下げて(0.1%、0.5%、1%)試算してみます。

<金利ごとの支払金額> (端数は切り捨て)

金利 毎月の支払額 支払総額 お得になる金額
3.0%(基準) 12.6万円 4,553万円 -
2.9%(-0.1% 12.5万円 4,495万円 58万円
2.5%(-0.5% 11.8万円 4,267万円 286万円
2.0%(-1% 11万円 3,991万円 562万円

こうして表にしてみるとよくわかりますが、金利がたった0.1%違うだけでも、金額に直したらなんと58万円も返済総額が違うのです。銀行を比較するのは面倒な作業なので、「0.1%ぐらいどうでもいいや~」と考えてしまいがちですが、住宅は金額が非常に大きな買い物なので、0.1%でもこだわってほしいと思います。

尚、住宅ローン金利が毎月の支払いのすべてではなく、諸経費(保証料や事務手数料など)も加算されることがありますので、すべてを加味して考えてください。

お待たせしました。それでは、いよいよ「住宅ローンの金利比較」に移ります!