余裕資金のすすめ(収入アップ編)

メール受信のしくみ

ここではメール受信のしくみをわかりやすく説明します!

これは、テレビCMを例に挙げると簡単に理解することができます。まず、次のことを考えてみてください。

なぜ、テレビはCMを流すのでしょうか? …それは広告費を得るためです。テレビ局はほとんどがスポンサーによる広告費だけの収入で成り立っています。ですから、いい視聴率を取って、いいスポンサーについてもらうことが最大の目標となります。

対照的なのはNHKです。NHKはCMがありませんね。みなさんご存知のとおり、これは受信料でまかなっているからです。一家で14,910円も取っていますからスポンサーは、必要ありません。(見てないのに…)

今の説明で「広告費」についての概要は理解できたでしょうか?実はこの「広告費」という構図が、ネットが普及してから変化してきています。わかりやすく見ると、こうなります。

スポンサー(広告主)メディア(テレビ・ラジオ)であったのが、

スポンサー(広告主)消費者(メール受信者)という流れになってきています。

どうしてこうなってきたのでしょうか? …それはネットの普及も大いに関係ありますが、もっと大きな理由があります。それはテレビを通して高い広告を出すよりも、その分野に興味がある消費者に直接広告を出した方が、割安に効率よく宣伝ができるからです!この流れにより、広告主が「お金払いますから、広告を見てください!」という消費者主体の時代になりつつあるのです。

ですから、メール受信でお金をいただくことはもちろん違法行為ではありません。広告主と消費者のお互いが利益を得られる合理的な方法であるといえます。

次のページではメール広告を運営するサイトを紹介します。これまでの内容を理解された方はメール受信一覧表へお進みください。